和を以て武蔵村山市の不動産

武蔵村山市 不動産

友達リスト

March 16th, 2017 | 21:18

* 地方で不動産を購入する人たち

不動産を手に入れることは大変難しいものです。特に日本のような狭い国土で、厳しいルールが儲けられている地域でなら尚更です。最近では広い土地と静かな生活を求めて地方へ移住する人たちが増えています。田舎暮らしという言い方もありますが、親元や出身地へ帰るUターン、親元や親類のところではなくまったく別の地域へ移住するIターンなど様々です。地方へ移住する人たち向けの雑誌も数多く出版され、今では売り上げを伸ばしています。このような背景には、都心で一生を終えようという人が少なくなり、働き盛りの時は都心で仕事をして稼ぎ、老年になってからは静かに地方で暮らすことがのんびりとして人生として評価されているからです。若年層に、若いうちに不動産を購入する意識が薄れているというデータもあります。大きな経済不況を経験しているため、万が一同じような経済不況に陥った時に不動産を所有していることが大きな枷(かせ)になると考えている人もいるようです。

Category:None | BlogTownTheme:指定なし

Posted by wawomotte 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

February 16th, 2017 | 21:17

* マイホーム購入成功の鍵は不動産会社選びにあり

不動産を購入する時は、できるだけ親身になってくれる不動産会社に出会えることが重要になると思います。特にマイホームは人生でたった一度の買い物になる可能性が高いので、決して後悔することがないよう、しっかりと相談に乗ってくれて親身にアドバイスをくれる不動産会社を探しましょう。マイホームを購入するに当たり、多くの人は様々な不安を抱きます。金銭に関する不安はもちろん、注文住宅の場合は間取りや設備などを決める際にも小さな不安を伴うでしょう。こうしたたくさんの不安をしっかりと聞いてくれて、且つ一人一人に合ったアドバイスをくれる不動産会社が最も理想的な不動産会社だと言えます。理想的な不動産会社を探す為に、まずはいくつかの不動産会社でマイホーム購入の相談をしてみましょう。不動産の購入を検討している旨を伝えて不安な点も相談してみれば、それに対するアドバイスが貰えるはずです。その中できちんと親身になってアドバイスをしてくれる担当者がいる不動産会社を利用するようにすれば、マイホームの購入も安心して行えるはずです。

Category:None | BlogTownTheme:指定なし

Posted by wawomotte 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

January 16th, 2017 | 21:16

* 両親が不動産業を営んでいました

両親が不動産業を営んでいました。両親が開業した頃は今ほど土地が開発されておらず、土地を持っているのは古くからの地主で、その中には少なからずとも組関係者もいたようです。亡くなった父は、一般の宅地を求める方はもちろん、飛び込みで商用地を求めてきた方まで、幅広く親身になって土地を探し、またなかなか頑固な地主や組関係者の元に足繁く通い交渉し、その人柄を気に入られて土地を売ってもらうことが出来たことも多かったようです。不動産業者すべてがお行儀が悪いわけではありせん。いい業者もいれば悪い業者もいるということではないかと思います。私が昨年子供の学校を考えて中古住宅を購入した際に飛び込みでお願いした不動産やは、二社ともそれは親身になってくれ、結局一社が探してくれた物件を購入しましたが、気になる点を話したら担当者がそれを解消するために毎日物件に足を運んで対処してくれていました。ちなみに我が家は共働きで勤務年数も15年以上、世帯収入は恥ずかしながら1400万位はありますが、購入したのは築浅の中古で、内装や水回りをリフォームして住んでいます。

Category:None | BlogTownTheme:指定なし

Posted by wawomotte 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

December 16th, 2016 | 21:16

* 不動産屋で女性が部屋を探すなら

女性にとって引越し先の物件は少しでも安心できるものであってほしいです。不動産屋に相談をしていくことにいくつかのことを踏まえて物件選びをしていきましょう。まずは防犯性に関してですが、女性には防犯を気をつけることは最も大切な項目でもあります。オートロックがついている二階以上の部屋、これなら安全性も高まります。防犯性はそれ相応に高くなることもあり、しかし女性にとってはある程度の失費も止むを得ないかもしれません。大事なのはオートロック、防犯カメラ、インターホンなどは防犯性が高く安心した生活を送ることができるはずです。一階の部屋にもメリットはあり、したの階が無いこと、庭があるかもしれません。そして災害時にはすぐに表へ出られること、一階の方が安全面では高くなっています。もし上階に住んでいるとなれば、エレベーターがストップしてしまったりすることも考えられますので、災害の多い日本なら一階も視野に入れておくのも大事かもしれません。

Category:None | BlogTownTheme:指定なし

Posted by wawomotte 公開:すべてに | Comment(1)

Page Top ▲

November 16th, 2016 | 21:15

* 不動産投資の一つの方法

うちの最も古い物件でも、まだ 20 年は経っていませんが、正直、もう潰して建て替えたいくらいです。家の母親は「すごくきれい」といってますけど、正直、すごく汚いと思いますし、よく借りてもらえていると感心します。ここは、中古で取得したんですが、斜線規制なんてものがあったから、上層部が歪に削られてとても見苦しいデザインです。オートロックですらない。水周りの古さなど隠しようがありません。たとえ設備を入れ替えても、築年数はそのままですよね?検索で、新築にチェックを入れて検索をされたら、引っかかることすらありません。そういう意味では建物自体も消耗品なのだから、給排水なども更新をするためにさや管方式にする必要もないのではないか、そう考えています。(今まではそうなってます)法律では 50 年も持つ、けど、賃貸の場合、経済的な耐用年数はせいぜい 30 年かなと思います。20 年くらい経ったら、売り抜ける、というのも不動産投資の一つの方法ですよね。今度建てる案件は、10 年ほど経ったアパートが古くて嫌なので、これを売ったので、かわりに新しいのを建てようということなんです。

Category:None | BlogTownTheme:指定なし

Posted by wawomotte 公開:すべてに | Comment(1)

Page Top ▲