下を向いて歩いていく

上を向いて歩くと首が突かれるので、下を向いてあるく

友達リスト

August 4th, 2017

* 国際結婚のススメ

自分が国際結婚をするなんて、全く想像もしていなかったのですが、仕事関係で知り合った夫と半年後には結婚していました。

夫は外国人ですが、日本語がペラペラなので、知り合った時から今まで日本語でしか会話をしていません。結婚前に母が亡くなり、父はもっと前に他界していたので、日本に住むという選択肢はなくなり、現在は夫の母国で息子と三人で暮らしています。

以前の仕事柄、私の周りには国際結婚が結構多いので、彼女たちとは国際結婚の苦労をよくわかちあってきました。半数の友人はご主人の母国が好きで、その地に行っている時に出会って結婚。今はその好きな国で暮らしているのですが、私も含めての数名は、出会ったのが別の場所、今住んでいるご主人の国がそんなに好きじゃない、というパターン。

となると、文化の違い、生活習慣の違い、そしてもちろん言葉の違いなどがストレスの元になる事が多いんです。でもやっぱり国際結婚で良かったね、という話になると共通点が多く、中でもいつも上位に来るのは嫁姑問題。

これ、我が家の場合もそうですが、義母とは言葉が違うので、夫を介しての会話か、私のつたない現地の言葉での会話になると、意外なほど喧嘩にももめごとにもならないのです。もちろん世界共通の、育児や家事に口出ししてうっとうしいなどはあるにしても、そこからは言葉の問題があって発展しないのです。

日本人と結婚して嫁姑問題でキリキリしている友人たちを見ると、ああ、国際結婚で良かった、助かったなんて思ってしまいます。このままこの地の言葉は習得せずにいる方が身のためかも知れませんね。

Category:日記 | BlogTownTheme:日記

Posted by tumede at 19:30 公開:すべてに | Comment(0)

COMMENT

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントは反映されません。

下の画像に表示されている番号をご入力下さい。
 

Page Top ▲