裁量取引でラクラク投資

裁量取引についてご紹介します。

友達リスト

April 4th, 2017

* 裁量取引

裁量取引とは、投資などを行う際に投資家の判断によって行われる取引方法となり、文字通りに自らの裁量で取引を進めていくことになります。

この裁量取引は、特に市場相場を利用した投資取引において、投資家の判断のみで行われる取引の事を指すことがあり、こうした取引とは対極にある投資方法として、システムトレードが上げられます。

システムトレードとは、取引を行う前に、あらかじめその投資における取引の内容を決めておくもので、事前に市場と取引銘柄の動向を分析し、その分析をもとに取引を行う価格や数量、いくらで利益を確定するのか、また損失がどこまで含まれたら取引を終了するのかなどを、その価格や数値、時間などを持って取り決めておき、実際の取引の際には、そのあらかじめ決めておいたルールに従って取引を行う投資方法になります。

こうしたルールに従った取引を行うことによって、投資家のその場の判断が入り込む余地がなくなるために、取引に際する労力を軽減することが可能となります。
また、近年ではこうしたシステムトレードを、投資取引を行う取引ツールプログラムに組み込んで、自動的に取引を完結させる自動システムトレードも多く利用されています。

裁量取引での投資取引では、その時の相場の変動に対して臨機応変な対応と取ることができるという点にあり、実際に多くの投資家がこの裁量取引による取引を行っています。

この裁量取引では、すべてを投資家自らで決める事ができるために、その投資の成功率は投資家の技量によって大きく左右されることになります。
もちろん、市場相場のレート変動を利用した投資となるために、投資の成功率が100%になることは絶対にありえませんが、これを大きく高める事が可能になります。

また、実際にレート変動を観察しながらの取引となるために、万が一に取引をしている銘柄に対して損失が含まれた場合においても、その判断によってその損失の処理を行うことが可能となります。

システムトレードなどでは、決められた価格などによって損失の対応を行うことになりますが、裁量取引においてはこの損失の決済に対して、相場の動向を見極めながら決済を行ったり、またそれを見送って相場の回復を待つこともできるため、キメの細かい対応をすることができます。

こうした事により、裁量取引では相場投資による資産運用の効果を最大にまで高める事が可能になり、また市場相場のに対する判断を的確に行うことができるため、例えば、相場の動向がいつもより違うといった場合には、取引自体を取りやめて様子を見たり、ごく少ない資金でのみの投資を行ったりすることによって、リスクを回避することもできるのです。kaigaibestfx.comでは投資についてより詳しくご紹介していますので、是非参考にしてみてください。

Category:None | BlogTownTheme:ビジネス

Posted by toikeui9900 at 20:59 公開:すべてに | Comment(0)

COMMENT

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントは反映されません。

下の画像に表示されている番号をご入力下さい。
 

Page Top ▲