かの地での覚書

サンディエゴ留学をきっかけに変わり行く自分の観察日記。エイに刺されたり、波にのまれて死にそうになったりと、やや不幸な波乗り日記を中心に、サンディエゴの日常をレポートします。

友達リスト

Category : シュノーケリング

September 16th, 2008 | 15:43

* サメ探索1回目(La Jolla Coveにてシュノーケリング5回目)

サーファーのよしさんから、La Jollaにもシュノーケリングでサメを見ることができるポイントがある!との情報を得て、日曜日にサメ探索に行ってきました。


9月に入り、どんどん水温が低下していますが、海の中は、カリフォルニアの州魚のOrange Garibaldiを始めとする沢山の魚で賑わっています。


地味な魚も多いですね。


さらに地味な魚。


Orange Garibaldiに導かれるように、サメポイントの北へ泳いで向かいましたが、どんどん寒くなってきて・・・・頭が痛くなってきました。やっぱり、ウエットスーツが必要ですね。


すっかり冷えてしまったので、100mも進まないうちに引き返してきました。


まあ、魚は沢山見れたので、OK・・・・

次こそは、サメに出会いたい・・・ような、やっぱり怖いような・・・・・

本日の装備
海パン、フィン、シュノーケル、ゴーグル、日焼け止め
カメラ: SW1030, オリンパス(10 m防水)

今日の英単語
stagnate:停滞する、成長が止まる
pitiable:可哀想な、哀れな
pitiful::可哀想な、哀れな、惨めな、卑しむべき、軽蔑すべき
humble:質素な、謙虚な、身分の低い、卑下する
diplomatic:外交の、外交的な
achievement:成果、業績、偉業
acridity:辛さ、辛らつさ
acrid:辛い、辛らつな、苦い
acerbic:苦い、すっぱい、渋い、刺々しい
tongue:舌ベラ、喋る能力、喋る、吠える

Category:シュノーケリング | BlogTownTheme:スポーツ

Posted by 毎日夏休み 公開:すべてに | Comment(1)

Page Top ▲

August 9th, 2008 | 14:24

* 友人達とLa Jolla Coveにてシュノーケリング4回目

土曜日に、自転車メキシコ遠征のメンバーとLa Jolla Coveでシュノーケリング楽しんだ。参加者5人中2人は、海にほとんど入ったことが無いとのこと。彼らは、真顔で「海は怖い」のたまう。子供の頃から海や川で泳いでいた自分には、忘れがちな感覚。慣れの問題だから!大丈夫!と丸め込んで、Targetでやや無理やりにシュノーケリングの道具をそろえ、朝9時にLa Jolla Coveに到着。

順番に入水し、1名を除き海の世界を楽しめた模様。本日海初体験の約1名は、カリフォルニアオレンジガルバルディーを見た直後、海水を呑んでしまいややパニック。やや溺れそうになりながら、岸にたどり着いた。その後、ほぼ無言になってしまった。恐怖と疲れでどうにもならなかったらしい(後日談)。やはり、泳ぎが苦手で且つ、海で泳ぐのが初めての人に、シュノーケリングは難しかったかも。残りのメンバーは、2度、3度と海に入り、海底にいた大きい魚も見ることができたそうで、楽しんだ様子。

全員無事でよかったけれど、自分の至らなさに反省。海は、やっぱり危険な一面を持っている。


La Jolla Coveではおなじみのオレンジガリバルディに遭遇。

シュノーケリングをやってみたい人にお勧めのHP
http://www.okinawainfo.net/sukin2.htm

今日の英単語
snorkel:シュノーケル(スノーケルと発音)
expedition:遠征
seriously:真剣に
duress: 脅し、無理強い、脅迫(under duress: 無理やり)
land animal: 陸生動物
aquatic animal:水生動物
dive: 潜る
drowing:溺死、溺れる(A drowning man will clutch at a straw:溺れるものはわらをもつかむ)
straw:わら、わらで出来た、ストロー、つまらない、つまらない物

Category:シュノーケリング | BlogTownTheme:スポーツ

Posted by 毎日夏休み 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

June 21st, 2008 | 18:51

* La Jolla Coveにてシュノーケリング3回目

家族でLa Jolla Coveに行ってきました。ここでのシュノーケリングは3回目。砂浜も海も人だらけでしたが、水温も高く水着で楽しむ事が出来ました。


カリフォルニアの州魚のOrange Garibaldi


これは、ハタ科の魚だと思われます。おそらく美味。40cmを超える大きさ。あまり人を怖がりませんでした。寝ているのかな?

魚を追ってすこし潜るとすぐ頭と耳が痛くなってきます。耳抜きができるともっと楽しめるかも。

Category:シュノーケリング | BlogTownTheme:スポーツ

Posted by 毎日夏休み 公開:すべてに | Comment(2)

Page Top ▲

May 6th, 2008 | 12:38

* La Jolla Coveでシュノーケリング

日曜に所要でLa Jolla Coveに行く機会があった。La Jolla Cove周辺は、岩礁があり、ダイビングやシュノーケリングで人気のスポットだったりする。ウエットスーツやフィン、そして防水カメラも手持ちにあり、折角なので一年ぶりに潜ってみた。ほんとはシュノーケリングをしたかったのだけど、シュノーケルが消息不明で、とりあえず息の続くかぎり頑張ってみた。

ほんの4−5m泳いだところで、海中にまばゆいオレンジ色の魚を発見。サイズは25cmくらい。ものすごい派手。すごく場違いな感じで1匹だけ泳いでいました。とても印象的な魚で、調べてみるとカリフォルニアの州魚のOrange Garibaldiとのこと。スズキ目 スズメダイ科の学名Hypsypops rubicundus だそうです。そういえば、セイネンキノタワゴトの知恵蔵さんがそんなことを言っていたような気がする。

他にも、地味だけど30cmくらいありそうなクロダイ似の魚の群れ、ベラ似の魚など5−6種類を見ることができた!岸から5〜10m、水深2−3m程度でこんなに魚を見ることが出来るのはちょっと驚き。これはこれは楽しいスポット再発見!

次は、晴れた休日に、ちゃんと装備を整えて再チャレンジします。




クロダイとベラに似ているけど、多分別物。うーん、わかんない。

参考文献
WEB魚図鑑
Franko's La Jolla Shores

本日の装備
ウエットスーツ:シーガル, Xcel Infiniti Short Sleeve full suit
フィン:チャーチルマカプー
シュノーケリングゴーグル?:Deepsea
カメラ:Olympus Stylus SW1030
その他:日焼け止めクリーム、ワセリン、G-Shock DW-5600E、お湯2ガロン

Category:シュノーケリング | BlogTownTheme:スポーツ

Posted by 毎日夏休み 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲