サンディエゴ スポーツブログ

SDSA主催のスポーツイベント、教室を紹介しています。

友達リスト

January 16th, 2014

* 野球トライアウト in San Diego

アメリカ野球 トライアウト 

 サンディエゴ市で開催する日本独立リーグ入りを目指すアメリカ人選手の為のトライアウトが、1月25、26日の二日間で行われます。昨年11月にフレズノで行われたトライアウトに続き、スカウトたちが集まり、選手たちを見定めます。広大なアメリカには多くの野球選手たちがおり、潜在能力が高くても花咲かない選手たちが多数いるものです。彼らは、野球の聖地アメリカメジャーリーグだけでなく、他国でも野球を出来る場所を求めています。


アメリカ野球 トライアウト


 トライアウトでは、スカウトたちが選手たちの走力、肩力、守備力、打撃力の総合的な身体能力を評価していきます。一般的なトライアウトの進め方は、まず投手と野手に分けます。投手はマウンドからの投球練習で球速(各球種ごとに計測)、コントロール、フォーム、今後に向けた改善ポイントを評価されます。今後に向けた改善ポイントについては、選手たちの潜在的なポイントを見抜きます。例えば、体の使い方を変えれば球速やコントロールが向上し、今後成長するだろうと予測します。野手は、走力(60ヤード走・約55m)、守備(各塁への送球タイム、肩の強さ)、打撃(進塁打、ヒットエンドラン、パワー)、改善ポイントを評価されます。


アメリカ野球 トライアウト


 今回、選手たちを評価するのはMLB全体のスカウト統括部主任のディクソン氏です。2012年秋にサンディエゴ市内で行われたトライアウトでも選手たちの評価を行ったディクソン氏は、今回のトライアウトで何名の選手たちをプロ球団に送り出すでしょうか。


 トライアウトの申込者は、既に数十名おり、その中には大学4年間アメリカンフットボール選手として活躍していた異業種の者もいます。しかし、異業種と言ってもアメリカでこのような2刀流は一般的です。なぜならば、アメリカでは競技によってシーズンが異なり、シーズンオフの場合は練習を含めプレー出来ないものもあります。その為、フットボールのシーズンが終われば、野球のシーズンに入りプレーするのです。日本の文化と比較すると信じられませんが、プロフットボールNFLからメジャーリーグに指名されることもあります。昨年はダルビッシュ選手が所属するレンジャースから指名を受けた選手がいます。

産経ニュース
 

 来週末に迫った今回のトライアウト。2014年の出だしとして、皆が驚くようなプレーヤーが出てくることを期待しています。

アメリカ野球 トライアウト

Category:野球 | BlogTownTheme:スポーツ

Posted by SDSA at 21:35 公開:すべてに | Comment(0)

COMMENT

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントは反映されません。

下の画像に表示されている番号をご入力下さい。
 

Page Top ▲