サンディエゴ スポーツブログ

SDSA主催のスポーツイベント、教室を紹介しています。

友達リスト

January 16th, 2014

* アメリカでアスレチックトレーナーを目指す

 先日、マーセッド・カレッジからネバダ州ラスベガス校に編入した生徒がサンディエゴに訪問してきました。有馬くんは、アメリカでアスレチックトレーナーを目指し、日々奮闘中です。留学前は、日本の専門学校で英語とアスレチックトレーナーの知識を勉強し、約4年前に渡米してきました。最初は、右も左もわからない状況で、少しずつアメリカ文化、環境に慣れ、勉強に打ち込めるようになったそうです。


 大学では、英語での勉強が大変なことはもちろんのこと、アスレチックトレーナーになる為の実習も参加しなくてはならず、一日中学校にいる毎日を過ごしていたそうです。確かに、英語の勉強だけでも大変だというのにも関わらず、半日ほどの実習があれば必然的に多くの時間が取られることであったと思います。好きなことであった為に、楽しみながら乗り越えることが出来ているそうですが、一般的に考えるとかなりの努力が必要なことだと思います。それを普通だと思い、続けているのはとても素晴らしいことです。
 

 有馬君は忙しい大学生活を過ごしていますが、4年制大学での勉強期間が終わりに近づいています。今学期を最後に、4年制大学を卒業しNATA(アスレチックトレーナー)の試験を受ける予定です。無事に取得することが出来れば、OPT(留学生が大学を卒業した際に1年間仕事が出来る許可)を得て、何かしらの機関でインターンとして働くことが可能です。資格取得し、インターンで活躍することが出来れば、正式にアメリカのプロチームをサポートすることも夢ではないかもしれません。


 彼のような若者たちが成長し、日本のスポーツチームを更に盛り上げてほしいと思います。日本ではアスレチックトレーナーは、陰で支える裏方の印象がありますが、彼らなくして選手たちの活躍は無いと思います。志を高く持つ有馬くんのような生徒たちが、今後も多くのアスリートたちを支え続けていくことだと思います。今後の成長を楽しみに、温かく見守りたいと思います。そして、2020年の東京五輪の際は、選手たちをサポートしている姿が見れることを期待しています。


有馬くんのインタビュー記事はこちらから

Category:アスレチックトレーナー留学 | BlogTownTheme:その他

Posted by SDSA at 10:09 公開:すべてに | Comment(0)

COMMENT

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントは反映されません。

下の画像に表示されている番号をご入力下さい。
 

Page Top ▲