Goofy Girls Diary

誰の血を引いたのか、おちゃらけ娘2人の日記 兼 サンディエゴ生活関連情報です。

友達リスト

Category : バケーション

December 17th, 2011 | 19:28

* ワイキキDay7

ワイキキ最終フルデーはノースショアの旅。
オアフ島は7度目だけど、カイルア同様、ノースショアへ行くのは初めて。

半年前までサンデェイゴにいた友人が今ではハワイに住んでいる。
ホノルルマラソンも5度目という仲の良い元気カップル。
彼らの厚意に甘え、ノースショアへドライブツアーに連れて行ってもらった。


まずはドールプランテーション。ハワイといえばはずせないパイナップル農園である。
ドライブ中は雨だったけれど、ついた頃には雨も小降りになってきた。
み〜んなお揃いのハワイアンの一枚。


農園の観光汽車。


パーフェクトなダブルレインボウを見ながらの20分ほどのライド。


汽車を降りて鯉にえさをあげる子供たち。
押し合いへしあいの鯉の群れにびっくり。あんまりえさもらえてないのかなぁ、、、。


ハレイワでちょっと買い物をした後、通り沿いのチキンBBQで早めのランチをとることに。
M1は丸焼きチキンを目の前にちょっとショックだった様子。
でも食事後、後ろのブッシュに緑のとかげがうようよいるのを発見し、丸焼きチキンのショックから立ち直る(笑)


そしてデザートはノースショアといえばこれ、(と今回の旅行で教わった^^;)という松本のShaved Ice。


いつもは30分以上並んで買うしろものらしいが、運よく列もなくすぐにありつけた。
私は抹茶アイス、中にアイスクリームとあずきが入っている。
氷菓が苦手な私はたぶん自分のためにカキ氷を買って、自分で全部食べたのは生まれて初めて。特別おいしいというものでもないし、暑い日でもなかったが、バケーションの雰囲気が後押ししたのだろう。


そしていよいよノースショアの海岸線が見えてきた。
まずは海がめが見られるというスポットにつれていってもらい、またまた運よく寝ているカメに遭遇。このあたりで一番年寄りのカメだそうだ。


パイプラインにつくころには、雨もすっかりあがり、見本のようなチューブができる大波を乗るサーファーたちを見学。22フィート(7mくらい)の波だそうだ。冬のノースショアといっても毎日いつもチューブのできる波ではないらしい。
本当に今日はラッキーづくしだったみたい。


ふと見ると、子供たちはI夫妻とフリスビーを興じている。
なんとI氏は国際フリスビー協会のボードメンバーだそうだ。
ありがたくご指導いただいている人を「整列、気をつけ!」とあごで支持するM2。
逆立ち投げを披露するM1はクリエイティブだとお褒め頂く。(はは)


そして東回りで帰途。途中のChinamanhat島を長められるビーチで砂遊びをさせてもらう子供たち。


反対側の山はジュラシックパークの撮影を行ったところだそうだ。確かにそんな茂みがたくさんありそうなところ。
ウエディング写真の撮影にもよく使われるのだろうか。日本人と思われるカップルが専属カメラマンに撮影してもらい、帰りはリムジンに乗って帰っていったのを見た。

そして名残惜しくビーチをあとにする。
ワイキキに戻り、おいしいなべを食べられるレストランに連れて行ってもらった。
さすがに子供たちもくたくたになってきたらしく、だれモード。
でも私はひさしぶりにおいしい鍋を囲めて大満足。


帰ってからホテルのジャグジーで気分転換。

最後の日を朝から晩まで満喫。
楽しい一日を丸一日お付き合い頂いたI夫妻に改めて感謝。

子供たちも大きくなりいろいろアクティビティをこなせるようになってきた。
次は何しよう?

Category:バケーション | BlogTownTheme:指定なし

Posted by Sunday 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

December 16th, 2011 | 20:27

* ワイキキDay6


昨日はカイルアいったし、明日はノースショアの予定。今日は一日ワイキキ周辺で過ごすことにする。
意外と出不精のM1を無理やり連れ出し、家族みんなでスターバックスの簡単ブランチ。
M1はアクティビティとかビーチへ行くとかなら二つ返事なのだが、買い物とか食事とかに興味がないのだ。


すぐ隣のハワイアンヒルトンビレッジはここだけにいても十分1週間過ごせるくらいいろいろなショップ、アクティビティ、エンターテインメント空間がある。
スターバックスもビレッジ内にふたつもある。こんな記念写真がとれるようなところもあちこち。


ペンギンも健在。


ペンギンの横にあるハワイアンのショップにとってもかわいいハワイアンドレスのセールを見つけた。貴重なMade in Hawaiiのハンドメイドのドレスが50%OFFで$25。これは「買い」でしょう。子供たちも気に入ってその場で着替え。


一旦家に帰り、着替え、ワイキキの街まで散歩。
Moana Surfriderホテルの中を抜けてワイキキビーチに出る。
下に水着を着ていたので、もちろん子供たちはそのまま遊び始める。
帰りはそのままずっとビーチを歩いて帰る。


ヒルトンまで帰ったところでまだラグーンで遊び始める二人。
2度目のスタンディングパドルボード。


M2も一人で挑戦。


帰ってからシャワーを浴び、また今朝買ったドレスを着て、昨日買った$12のウクレレを弾いてご機嫌の二人。


夕食はまたまた街へ繰り出してThaiレストランKeo’sで食事。


チョコレートミルクまでハワイアンデコレーション。
二人が食べたのはチキンサティだけ。パッタイは結局お持ち帰りで私の翌朝の朝ごはん。
ちょうど食べてるときに毎週金曜日の夜の花火がレストランから見えた。


今日の昼間にいったときは開いてなかったハムスターボール。
食後に行ったらやっていた。通常一人$10のところ、グルーポンで二人分$9だったのを見つけたので買っておいたのだ。15分くらいボールの中でくるくる回っていた。だからハムスターボールなのね。
子供たちも夜の散歩をこれで満足しただろう。


散々お世話になったABCストア。これは昨日ウクレレを買ったときの写真かな。

残すところ後1日。

Category:バケーション | BlogTownTheme:指定なし

Posted by Sunday 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

December 15th, 2011 | 19:58

* ワイキキDay5

サンディエゴにいてもハワイにいてもやっぱり2番目の早起きはM2。


2人がまだ寝てる間にM2を連れてとなりのスターバックスで二人だけの朝食。

8時55分にホテル前に「Kailua Adventure」ツアーバスのピックアップ。
初めてのKailuaへカヤック。


やっぱり日本人の観光客が多いらしい。白人のお兄ちゃんが流暢な日本語で説明してる。
スタッフのほとんどが日本語を話せるらしい。私たちはセルフガイドなので、とりあえず10分ほどのセーフティビデオを見て確認書にサイン。持って行く必要のないものをロッカーに預け、マスク&スノーケル、防水バッグに貴重品を入れて出発。ビーチまでは台車に乗せたカヤックを引っ張って行かないといけない。


運河までカヤックを引いてゆっくり歩いて5分ほど。ここからカヤックに乗っていくが、ビーチとつながっていないので、橋をくぐり100mくらいいった運河の終点(?)から、さらにカヤックをおりて30mほどビーチを引っ張り海側へ。
海に繰り出すまでに結構労力がいる(^^;)



貴重品を防水バッグに入れているので、次の写真はカイルアビーチを出てカヤックで20分ほどの平坦な小さな島へ上陸したところ。


カヤックを波にさらわれない岩陰において、島の探索。


一周10分くらいで歩ける小さな島は海鳥の産卵地。人が歩いていいのは周回コースのみ。


再びカヤックに戻り、さあ、Lanikaiへ。


天国の海という意味のLanikai。全米でもっとも美しいビーチとしても紹介されているところ。小さなビーチだが、白い砂浜、綺麗なおだやかな海、本当に美しいところで感動ものである。陸地からのアクセス状況がどうなのかはわからないが、ぜひカイルアからカヤックで行ってみて欲しい。


水もワイキキ側のビーチに比べるとはるかに暖か。子供たちも綺麗な海にワクワク。
ビーチ沿いに散在する珊瑚の岩までいけば、無数の綺麗な熱帯魚を簡単に見ることが出来る。
フィンなどつけなくても子供でも大丈夫。


M1はすっかりスノーケリングにはまってしまった。


帰りの時間があるので名残惜しくLanikaiビーチを後にする。
カイルアビーチまでは帰りは1時間もかからない。

次回オアフ島に行くときは絶対にもう一度行きたいところになった。
今度はもっとゆっくりできるツアーかレンタカーで来て、長い時間カヤック乗れるようなコースにしよう。マスクとスノーケルは次回は持参しないと。

Category:バケーション | BlogTownTheme:指定なし

Posted by Sunday 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

December 14th, 2011 | 19:13

* ワイキキDay4


昨日買ったおそろいのハワイアンドレスをさっそく着る二人。


24時間営業の地元のファミリーレストラン、Wailana Cafeで朝ごはん。
パンケーキの食べ放題を注文してみたけど、結局一度もおかわりしなかった。
パパは前回ここで7回おかわりした実績(?)あり。キッズミールは$2.50だった。
そのキッズミールすらも食べきれないビッグサイズ。


そして、M1にずっとやりたいとせがまれていたスタンディングパドルボードをやりにラグーンへ。波のないせまいところなので、子供の初挑戦には最適。


一人用ボードだけど、子供なら二人乗っても十分安定感あり。


M2も挑戦。波のないところなら立つこと自体はむずかしくないようだ。

私もやってみたかったけれど、この後マッサージの予約があったので、水着を着てきていない。ひっくり返ることはなさそうだが、それでも万が一があるかもしれない。
たった一時間のレンタル時間を横取りするのもかわいそうなので、今回は見るだけ。

パパもちょっとやってみたが、子供サイズのパドルだったので中腰にならないと漕げない。これもちょっとかっこつかないなぁ。

で、まだ3人がラグーンで遊んでいる間に、一人でスパサロンへ。
ジンジャーブレッドフェイシャルとオイルマッサージの90分コース。
予め、予約を取ってからグルーポンを買っておいたので、かなりにお得な気分。

もう一箇所パパのために買っておいたマッサージのグルーポンは、結局滞在中に予約を取ることが出来なかったので、後でクレジットかリファンドしてもらうことにした(たぶんしてくれると思う、、、)。

マッサージの後、アラモアナショッピングセンター内の郵便局により、ハワイみやげのクリスマスプレゼントを日本の家族に発送。かなり人がならんでいたが、窓口が6箇所開いていて10分程度の待ち時間ですんだ。この時期としてはラッキー。

なんだかんだとホテルに帰ったのは3時過ぎ。帰ったらパパとM1は昼寝中。
連日休みなしに歩き回ったからちょっと疲れたかもね。



なので、元気なM2を連れて隣のヒルトンハワイアンビレッジに散歩。
フラミンゴのいる池の前でチーズ。

ペンギンがいたり、オウムがいたり、こいの池があったり、本当にちょっとしたリゾート村である。


ちょっと早めの夕食は3人はホテルの前のマクドナルド。
私は冷蔵庫にたくさん眠っている残り物。

中休みだった一日。明日は朝からカヤックだよ〜。

Category:バケーション | BlogTownTheme:指定なし

Posted by Sunday 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

December 13th, 2011 | 22:15

* ワイキキDay3

ワイキキの街のいたるところで日本語の情報誌&クーポンブックを手に入れられる。サンデェイゴのライトハウス、ゆうゆうみたいのものである。アロハストリートLanilani、KauKau、ハワイ・アイなどなど、観光客にはとっても便利。

マラソン以外はホテルのテニスコートでテニスするくらいしか予定していなかったのだが、なんと前回あったテニスコートがない、もしあってもパパの足ではとてもテニスは無理。
他には全く何も予定をしていなかったので、さて何して過ごそうとペラペラ。
今年のクリスマスカードはみんなでゴール後、完走Tシャツ着てメダルかけた写真にしようと思っていたのだが、10Kウォークはメダルなし。

それじゃあ、こんなのどうだろうと見つけたハワイアン変身写真のスタジオ。


付け毛をしてもらいかわいくメイクしてもらいたくさん写真とってもらった。


もちろん家族写真も。
私の目など2cmはあると思われる付けまつげがのっている。

なんだかんだと1時間ちょっと、ヘア、メイク、衣装、撮影、写真(8x10)3枚付きで$200。これなら悪くない、、、のだが、なんとデータ代(CD)が追加の$250、ひえ〜、最初に確認しておけばよかった。しかし、こんなにたくさんとってもらったのに、データもらわないのも寂しい。で、結局、Tax+Tipsで$500。

日本の753並の値段になってしまった。
子供たちはすごく楽しんでいたし、M2の753写真だと思うことにしよう。


スタジオからホテルの帰り道にあったテディベアのお店で一枚。


一日一度くらいは水に入らないと気がすまない子供たち。
M2は昨日のハナウマ湾で寒い思いしてせきが出始めてはいたが、ホテルのプールなら暖かいから大丈夫。


夜は足の痛いパパのリクエストで夜の街散歩。
せっかくの久しぶりのハワイ。足の痛みくらい我慢我慢。結果的に歩いたのが血栓防止に役立ったらしい。


M2にとってはたぶん初めて記憶に残るハワイ旅行。


最近では珍しい夫婦2人の写真。


クリスマスの時期は特に夜の散歩が楽しい。


M1、ワイキキの街で自分の名前の宝石店を見つけて感激。

ハワイはM1&M2の名前のふるさとでもある。

Category:バケーション | BlogTownTheme:指定なし

Posted by Sunday 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲