日本の国債・・蘭です(^o^)」

サンディエゴの皆さんへ日本の国債についての記事を書いていきたいと思います。蘭(乱ではありませんよ)

友達リスト

September 21st, 2015

* 国債を買う国民にも責任がある

日本の借金のなかには、国債発行による借金の割合が高いです。

国債に関しては、ほとんどを日本の国民が買っており(海外投資家の比率は3.7%といわれています)、ほとんどの借金については「国が国民に借金している」状態だと考えられます。

国債が発行されるのは「買う人がいるから」という面があります。

日本国民がいっせいに「もう国にお金を貸さない」といえば、現状では国は国債を売りさばくことが、非常にできにくくなるのです。

それを分かりながらも、国債を買ってしまう国民にも、日本の借金を増やしてしまう原因の一端があるのです。

また、もうひとつの面から考えて見ましょう。「政治家が、借金を増やす政策ばかりする」「構造改革のできない政治家ばかり」と不満に思うかもしれませんが、政治家を選挙で選んだのは国民です。

また「どうせ、私の一票など大した影響はない」として、選挙に行かない人もずいぶん増えていますが、それもまた国民が作り出した風潮です。

「自分は何もしないで、人の文句ばかり言っている人」というのは嫌われますが、日本の借金に関しても、せめて「どういう事態が起きているのか勉強しよう」という姿勢を持つ人が増えれば、意識が変わっていくことでしょう。

「自分は何もしないで、政治家の文句ばかり言って」いては、何も変わらないのです。

Category:国債 | BlogTownTheme:ビジネス

Posted by ranchan2012 at 17:14 公開:すべてに | Comment(0)

COMMENT

1件の非表示コメントがあります。

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントは反映されません。

下の画像に表示されている番号をご入力下さい。
 

Page Top ▲