日本の国債・・蘭です(^o^)」

サンディエゴの皆さんへ日本の国債についての記事を書いていきたいと思います。蘭(乱ではありませんよ)

友達リスト

May 9th, 2017 | 23:00

* 日本の借金は全部無駄な支出と言うわけでは無い

日本の借金といわれるもの、つまり「日本という国が、誰かに返す義務のある債務」というべきものは、800兆円もあるとされています。

そのうち、国債を発行したことによるものが650兆円あります。

しかし、企業などの活動を考えても「社債を発行したり、銀行から借り入れたりして、借金をしてでも事業を行う場合」というのはあります。

それはたとえば、まだ顧客のついていない状態で、新規事業を立ち上げたばかりのとき、なんかがそうでしょう。

しかし、企業の場合には「利益が思うように上がらない」と分かった時点で、その事業から撤退するとか、斬新なアイデアで経営改革をするとか、マメに経営改善を図るものです。

日本の「国」というレベルで、そうした対策が遅れ、借金を増やしてしまったという面はあるでしょう。

しかし、国には企業に比べて「赤字になることがわかっていていでも、支出し続けなければならないお金」というものが、多いです。

それは、社会保障費などがそうといえるかもしれません。

医療費、社会保障費などは、将来何らかの形で回収できるものではないですが、それでも「無駄」ということとは違います。

こうした費用(歳出)の財源確保については、もっと考える余地はあるでしょう。

しかし「国民に待ってもらう」ということのできない費用でもあります。

このようなケースもあるので「日本の借金=全部、無駄な支出」という考えには、気をつける必要があります。

Category:国債 | BlogTownTheme:ビジネス

Posted by ranchan2012 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

May 9th, 2017 | 22:51

* 日本の借金の返済方法について

日本がしている借金は、およそ800兆円あるとされています。

経済学者の中には、楽観的にとらえる向きもあって、日本のように「国債がほとんど日本国内で消費されている」という状況ですと、1400兆円くらいまでの借金をしても、大丈夫という意見すらあります。

これがたとえば、アメリカのように「海外の投資家にアメリカ国債を買ってもらって、しのいでいる」という状況ですと、話は大きく変わってくるのです。

日本の借金の返済方法としては、経済学者の中にも二つの意見があります。

ひとつは、ものすごく大雑把な言い方ですが「借金を解消すること自体が無理なので、その分お札をたくさん刷って、返そう」というものがあります。

しかし、この考え方は「お金」というものの価値について、大変な打撃を与えますので、そう簡単には行えません。

お金というのは「決まった量しかない」からこそ、お金の価値があるのであって、たくさん印刷すれば済む、となると、お金の価値というものが損なわれていきます。

そこで、もう少し「誰でもが初めに考え付くような方法」があります。

それは「無駄をなくしたり、出費を抑えたりする」という当たり前の方法で、借金を減らしていこうとするものです。

これがいわゆる「構造改革」なのですが、たくさんの首相がこれに取り組もうとして、失敗してきた面もあることは、皆さんすでに、ご存知かと思います。

Category:国債 | BlogTownTheme:ビジネス

Posted by ranchan2012 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

October 19th, 2016 | 01:24

* 日本の借金が800兆円もある理由



日本の借金、つまり「日本という国が、誰かに返す義務のある債務」というべきものは、800兆円もあるとされています。

そのうち、国債を発行したことによるものが650兆円あります。

国債に関しては、ほとんどを日本の国民が買っており(海外投資家の比率は3.7%といわれています)、ほとんどの借金については「国が国民に借金している」状態だと考えられますね。

家庭内でたとえると「家族がよそからお金を借りた」という状態ではなくて、「家族が家庭内で、小遣いの前借をした」といった状態に近いです。

海外の投資家の比率が低いということは、こういう点では幸いといえるかもしれません。

さて、日本の借金が増えた理由ですが「入ってくるお金(歳入)より、出て行くお金(歳出)がはるかに多い状態を続けたから」ということがいえます。

企業にたとえてみれば「たとえ赤字でも、借金をしてでも事業を立ち行かせなければならない」というときが、あります。

これは、まだ顧客のついていない状態で、新規事業を立ち上げたばかりのとき、なんかがそうでしょう。

しかし、企業の場合には「利益が思うように上がらない」と分かった時点で、その事業から撤退するとか、斬新なアイデアで経営改革をするとか、マメに経営改善を図るものです。

日本の「国」というレベルで、そうした対策が遅れ、借金を増やしてしまったという面はあるでしょう。

Category:国債 | BlogTownTheme:ビジネス

Posted by ranchan2012 公開:すべてに | Comment(1)

Page Top ▲

October 19th, 2016 | 01:22

* 日本国民の責任

日本の借金というと「国が借金ばかりして・・・」というイメージがあるのですが、ちょっとまってください。

二つの面から考えて見ましょう。

日本の国債に関しては、ほとんどを日本の国民が買っており(海外投資家の比率は3.7%といわれています)、ほとんどの借金については「国が国民に借金している」状態だと考えられます。

国債が発行されるのは「買う人がいるから」という面があります。

日本国民がいっせいに「もう国にお金を貸さない」といえば、現状では国は国債を売りさばくことが、非常にできにくくなるのです。

それを分かりながらも、国債を買ってしまう国民にも、日本の借金を増やしてしまう原因の一端があるのです。

また、もうひとつの面から考えて見ましょう。

「政治家が、借金を増やす政策ばかりする」「構造改革のできない政治家ばかり」と不満に思うかもしれませんが、政治家を選挙で選んだのは国民です。

また「どうせ、私の一票など大した影響はない」として、選挙に行かない人もずいぶん増えていますが、それもまた国民が作り出した風潮です。

「自分は何もしないで、人の文句ばかり言っている人」というのは嫌われますが、日本の借金に関しても、せめて「どういう事態が起きているのか勉強しよう」という姿勢を持つ人が増えれば、意識が変わっていくことでしょう。

「自分は何もしないで、政治家の文句ばかり言って」いては、何も変わらないのです。

Category:国債 | BlogTownTheme:ビジネス

Posted by ranchan2012 公開:すべてに | Comment(1)

Page Top ▲

September 21st, 2015 | 17:22

* 日本国債の格付けが下がっている

日本の国債を買っているのは、ほとんどが日本人で、海外の投資家に流出している国債は、国債の発行量の3.7%程度といわれています。

日本国債の格付けは、実は決して高くはありません。

国債の格付けは、民間会社が行っていますが、日本の国際は、他の先進国の国債の格付けと比べても低い位置にあります。

しかし、格付け会社の共通見解として「返済能力が高い」という面があります。

それは、日本政府が所有する資産が、国債発行残高を上回っているという理由からです。

もしも「日本政府が資産を全部売り払って、国債を償還します(借金を返します)」といった場合には、日本には借金を返せる能力がある、と考えられているのです。

しかし、日本は高齢化社会がやってきていますので、将来的には支出の増大が進むことは明らかです。

一方でそれに見合う歳入が見込めるかというと、そんなこともありません。

そのため「デフォルト」についても、心配する声があります。

2000年にアルゼンチンがデフォルト(債務不履行、借金を支払えない・支払わないということ)を宣言したことがありました。

こうした事情から、日本の国債の格付けは、これからも他の先進国の国債に比べて、下がっていく傾向にあるのかもしれませんね。

Category:国債 | BlogTownTheme:ビジネス

Posted by ranchan2012 公開:すべてに | Comment(1)

Page Top ▲