沖縄旅行記で夢が広がる。

2度の沖縄旅行をした道産子です。
夢は沖縄の離島でヨットを買って住むことです。

友達リスト

July 19th, 2013 | 21:55

* 次男は沖縄ベイビーかもしれんのです。

女ってやつは自分を中心に周りの人間が
言うことを聞くことを好むものです。

女性蔑視と言われようが、
全然エサを与えないと、女はグレます。

従って、釣った魚にもエサを与えたほうがいいし、
女もそれを望んでいる。
多少の女性蔑視はプライベートな関係では、
いい男の条件ですらあります。

・・なんて、離婚だの何だのと妻が騒いでいるときに、
なぜか、沖縄旅行が決まったのです。

じゃーん。
妻は大喜びでした。

泊まったのは、「沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ」
「ナハ」は当時あったのか、なかったのか?

だって、もう15年も前の話。
次男が生まれる1年前なのです。

・・ということは、この「沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ」
で次男は仕込まれた可能性が高い!

女というのは、そのなかに男女関係の直後に、
受精したかどうかがわかる種族が存在する!

「よっちゃんは、沖縄ベイビーだよ」と
妻は主張してやまないのです。



ラポマインクチコミ

Category:沖縄旅行 | BlogTownTheme:指定なし

Posted by 沖縄ラブ 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

July 8th, 2013 | 03:35

* 沖縄に移住したい道民です。

沖縄に移住したいって、漠然と考えているヒト、
多いと思うんです。

現実がどうか?

はともかく、ですね。

ワタシは北海道に住んでいるので、
雪が降らない。年中暖かい。
それだけでいい!って思いますよ。

沖縄と北海道って、縁が深いんですよ。

例の太平洋戦争で徴用された兵隊さんの人数は、
もちろん沖縄出身の人が一番多かったのですが、
なぜか、2番めに多かったのが北海道出身の兵隊さん。

沖縄旅行中、読谷村に立ち寄ったら、
初老の婦人が声をかけて来ました。

北海道から来た、と言うと、

「戦時中、子どものころお世話になった兵隊さんが
北海道の人だった。知らないか。」
と聞いてきた。

大田だったか、田中だったか、知らないか?と言う。

「わからない。」
(北海道も広いですから。)
と答えると、ホントに残念そうだった。



酵素日本盛

Category:沖縄 移住 | BlogTownTheme:旅行

Posted by 沖縄ラブ 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

July 5th, 2013 | 09:17

* 沖縄本部町備瀬崎に熱帯魚ファインディング・ニモ発見。

カクレクマノミの熱帯魚・ニモがいると
知人から聞いて沖縄旅行のとき、
フクギ並木で有名な本部町備瀬崎まで行ってきました。

フクギ並木を抜けると一番奥に
シュノーケリングにもってこいの備瀬崎はあります。

近くに美ら海水族館があるので、
水族館に行く前に、朝イチで備瀬崎に行こうと決めました。

何も用意をしなくても海の中を覗くと、
熱帯魚のカクレクマノミがいる、と聞いていたのですが、
「アレ」と思いました。

風が少しあって、透明度の高いキレイな海が広がっていました。
でも、天然の熱帯魚はどこに?

幸い、近くに地元のオジサンが散歩していたので、
聞いてみると、コトバが通じないし、わからない。

しかし、なんとかわかったことは、
引き潮のとき来ると、「イッパイいるよ」とのこと。
夕方もう一度来てみることに。

岩場の窪んたところに、随所にそりゃあもう、
イッパイいました。

体長1センチにも満たないくらいの小さいかわいいのが。
名前はわかりませんが、青いのも、黒いのもいました。
子どもたちとの約束を果たせて、ホッとしました。


大麦発酵酵素

Category:沖縄のラブリースポット | BlogTownTheme:地域情報

Posted by 沖縄ラブ 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

April 17th, 2013 | 08:07

* 沖縄南城市まんぷく食堂のアヒル汁食べました。

沖縄南城市にあるまんぷく食堂。
糸満市のひめゆりの塔を回ってから、行ってきました。

目的はアヒル汁です。
わたし、北海道に住んでいるんですが、
沖縄の食べ物で美味しい!と感動するものって、
南国フルーツは別にして、正直、少ないですね。

それでも珍しいものが食べたい、という強い欲求から
家族全員付き合わせちゃいました。

このまんぷく食堂、アヒル汁のほかに牛汁、馬汁なんてある。
カルチャーショックですね。なんでも、動物+汁って。
外観は古い佇まいながら、有名店の風格が漂います。

アヒル汁って、ラフな味ですね。
中学生の息子は、ノリで牛汁を食べてましたが、
これも、ラフな味。荒削りです。

もしかして、店の裏でアヒルをさばいているのではないか?
・・冗談です。

観光中、レンタカーで沖縄の山の中を走っていると、
「風邪には、アヒル汁」となぐり書きした看板を見つけました。

そうか。アヒル汁は、薬膳料理かスタミナ料理として、
沖縄ではかなり認知度がある、と納得したのでした。

Category:沖縄 食事 | BlogTownTheme:旅行

Posted by 沖縄ラブ 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

April 8th, 2013 | 12:41

* 沖縄のラブリースポット、座喜味城址。

沖縄旅行に行ったら、そうですね、
いろいろあるけど、まず美ら海水族館は絶対。

バカでかい水槽に、大人になると10メートルを超える、
ジンベイザメと、5メートルくらいのマンタが
悠々と泳いでいて、1日いても飽きない。

そういう、メジャーなところ以外では、
世界遺産の一部になっている座喜味城址は、
冒険心と歴史のロマンを刺激します。

16世紀あたりに要塞として造られたため、
読谷村の高地に位置していて、
東シナ海を見渡せることがひとつ。

もうひとつオススメの理由は、
こんなマイナーなスポットは、
多分アナタ以外だれもいません。

思いっきりはしゃげます。

ボクは二人の小学生の男の子と一緒に、
アーチ門の上に立って、
手を頭の上で三角にして、がに股の格好で、
「ザキミ!」とかやってました。

Category:沖縄のラブリースポット | BlogTownTheme:旅行

Posted by 沖縄ラブ 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲