不動産金融業界

不動産の証券化などを行う

友達リスト

May 18th, 2017

* 不動産投資

不動産金融は不動産の証券化などを行い、金融商品としての取り扱いをしながらその流動性を高めていくことなどを目的とする、不動産と金融を組み合わせたものになります。

不動産投資としては比較的に新しく注目を浴びた分野でもあり、2000年に投資信託及び投資法人に関する法律が改正されたことによって本格的に導入がなされ2001年に証券取引所に市場が登場したJ-REITなどがそうしたものの代表的なものとなるでしょう。

こうした投資取引を行っている不動産金融業界にも、その取引においてコンピューターなどを用いた取引が行われ、この不動産の価格を推定するサービスの提供もされています。

このようのコンピューターでの投資取引は、大きな情報量を高速に演算することが可能になった現在では、時として大きな問題を引き起こすこともあり、また近年では人工知能を利用して行われるものもあり、利便性が高くまた現代の社会への浸透性も極めて優れているために、今後も大きく高まっていく見通しがあり、不動産金融業界にとってもこれは決して他人事ではないといえます。

こうしたIT技術が不動産金融業界に与える影響は大きいと考えられていて、特にビッグデータと呼ばれる大量の情報量の処理が可能となった現在では、この不動産金融に対して新しいサービスなどが現れる可能性が指摘されています。

日本よりも40年ほど先んじてREITの取引が行われ、また近年の形での金融商品として定着したものでも1990年から積極的に取引を行っているアメリカでは、こうしたIT技術を不動産金融や不動産取引に利用をしており、クラウドコンピューティングの技術を利用し不動産の売買や、投資などの取引を低コストに、かつ迅速に提供するサービスや、ビッグデータの改正気によりもたらされる情報を利用し、その地域や物件の評価情報などを提供するサービスなどが登場しています。

このような技術は日本でも、少しずつ行われるようになっていて2015年ごろから、人工知能を用いた物件や地域の情報を解析して評価情報を提供するサービスも行われ始めており、こうした物件などの価格を推定するサービスが登場すれば、本来は不動産業者などしかしり得ない不動産の実質的な相場情報を知ることができ、不動産市場の公平性を高める事が可能となります。

こうしたものを用いることによって、不動産金融の取引を行う投資家などに対して、様々な情報が提供されるほか、そこから新たな技術やサービスなどが展開されていくことも充分に考える事が出来るため、不動産金融業界の活性化が期待されているのです。その他の投資取引については、ybinary.bizを参考にしてみてください。

Category:None | BlogTownTheme:指定なし

Posted by newkomenta2987 at 20:17 公開:すべてに | Comment(0)

COMMENT

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントは反映されません。

下の画像に表示されている番号をご入力下さい。
 

Page Top ▲