波猫まち子の日記

気がつけば42歳。子供達はどんどん大きくなっていきます。これからの人生を見つめ直すきっかけになればと始めたブログ。

友達リスト

Archive : February 2017

February 26th, 2017 | 09:07

* 人生の陰と陽

人生には常に陰と陽、つまり光と影がある。世界が明るく、光に満ちて見える時、陰の部分がなくなったわけではなく、隠れて見えないだけである。逆もまた同じ。全てが暗く、澱んで見える時でも、光は常に存在している。

光とは何か。嬉しさ、やさしさ、思いやり、受容、笑顔、喜び、強い心など。暗さとは何か。悲しみ、悔しさ、妬み、エゴ、欲、怒り、傷つきやすい弱い心など。人はこれらの二つの感情の間をいつも行ったり来たりしている。

明るく快活に生きている中で、突如現れる怒りや悲しみ。それらはどうして生まれるのだろうか。どうして私たちは、いつも笑顔でいられないのか。

例えば人は人に暴力を振るう。体で、言葉で。時には何もせず、心を開かないことが暴力になることもある。問題に向き合わず、避けて通ろうとする。酒に、薬に、ギャンブルに。あるいは仕事に、浮気に。女性の多くは問題の原因は自分自身にあると思い込み、鬱になる。

人はなぜ、こういった行動を取るのだろうか。そういう方法でしか傷ついた自分自身の心を癒せないと思うからだろう。しかし、残念ながらこれらの方法は問題を助長させるばかりで、解決にはならない。

大切なのは、自分の心が本当に求めていることは何かを知ることだろう。本物のやすらぎか、一時的な癒しか。自分だけ気が楽になれば良いのか、それとも相手や家族と共に幸せになりたいか。

そして、誰も相手を変えることはできないから、自分自身の感情に責任を持つことだ。自分が確固たる態度を取ることで、少なくとも相手に影響を与えることができる。自分が受け入れられないことには自信を持って「No」と言うことも、時には絶対必要なのだ。

Category:ライフ | BlogTownTheme:日記

Posted by 波猫まち子 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

February 24th, 2017 | 17:05

* 居間にテレビを置いたら...

我が家の居間は、私的には落ち着ける好きな空間なのに、家族みんなが集まるという場所ではありませんでした。理由は何か。テレビが無かったからなんですね(苦笑)。

夫は居間にテレビを置くのにずっと反対でした。この部屋が子供たちに占領されて小汚くなるのが嫌だったんです。実際、今まで台所の隣の小部屋(一応トイレとシャワー付いているゲストルーム)をTVルームにしていたのだけど、子供たちがお菓子を食べ散らかしたり、カウチのカバーを泥だらけにしたり。だから夫は、居間はステキな部屋として保ちたかったんですね。

しかし実際は、台所の隣のTVルームを使っていたのはNだけで、MとHは私と夫のベッドルームでテレビを観ていた。これがなんとも夫は嫌だったようで Hのおもちゃが床に散らかってるし、何よりプライバシーが無いのが嫌だったみたい。私は、ガールズでだらだらできる場所として、かなり気に入ってたんだけどね

さて、日曜日にMの9歳の誕生日お泊まりパーティをした時のこと。8人が一緒に眠れてテレビを置ける場所は居間しかないだろう、ということでテレビを移動。真ん中を開けて、ぐるっと周りをカウチで囲ったら、あらまあ何か素敵な空間に。夫が気に入って買った(高かった)赤い様々な柄が入った絨毯も、このほうが良く見えて素敵。


(『Glitter Force(プリキュア)』を観るH)

パーティの後で夫に提案してみた。「あなたは居間にテレビ置くの嫌がってたけど、あの部屋なかなかいい感じじゃない? それに、MとHが私たちの部屋でだらだらするの嫌がってたでしょ? 居間にテレビ置いたらそれも解消されるし、家族団欒できる空間にもなって良いと思うんだけど」って言ったら、「そうだなあ。オレほんと自分たちの部屋を占領されるの嫌なんだよなァ。オッケー、良いよ」ってあっさり承諾してくれた

居間にテレビを置いてから、不思議なことにMとNが一緒に映画などを観るようになった。夫の書斎が居間の奥にあるので、(そこを通らなくちゃ行けないので)夫が子供たちに声をかけるチャンスが増えたように思う。私も、時々カウチに座って参加するようになった。

問題は一つ。この夫が大切にしている(高かった)絨毯をいかに汚さずに保てるか。絨毯の上での食事は禁止した(カウチではオッケー)。夫は半ば諦めてるみたいだけど、私は口うるさく注意し続け、絨毯を死守するつもりでいます!

Category:家族 | BlogTownTheme:日記

Posted by 波猫まち子 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

February 14th, 2017 | 21:35

* 突然の訪問者

バレンタインデーの前日の夕方、ドアのノックがしたので開けてみると、そこには夫の叔父さんが!なんでビックリしたかって、D叔父さんはアリゾナに住んでいるので、クリスマスくらいしか合う機会がないのです(しかも去年はクリスマスをしなかったので会えなかった)。古くからの友人が怪我をして、その御見舞いでサンディエゴに来たそうです。

D叔父さんは、夫のお母さんの妹の旦那さん。だから、直接血は繋がっていないけど、夫のお父さんと同じパイロットだったし、すごく紳士的でしかも話しやすいからうちのMは密かに憧れてるみたい 突然会えて嬉しそうです。その日はちょっとだけ話して、次の日ディナーに招待しました。

バレンタインデーだったので、子供たちにギフトを用意(こちらでは、子供たちにチョコだけじゃなくちょっとしたプレゼントもあげたりする)。夫には、チョコ以外にも珍しくギフトを用意してみました(欲しがっていた割と高めのイヤフォン)。


夕食は、日本風の焼肉 以前友だちから聞いた、Costcoのステーキ(今回はNew York Steak)を冷凍した後、少し解凍してから薄く切って焼いてみました。なかなか美味でした!ちょっと厚めに切ってサイコロステーキにしても美味しかった。野菜は、ブロッコリー、アスパラ、パプリカ、玉ねぎなど。それで、夕食が7時からといつもより遅めだったら、お腹が空きすぎたNが待ち切れず、「焼いても良い?」って自ら焼き始めちゃった。(ちなみに焼肉は彼の大好物) そしたら気に入っちゃったらしく、最後まで全部焼いてくれた(笑)。「これならShogun Kobe(鉄板焼のレストラン)で雇ってもらえるね!」って皆で大笑い。普段、料理の手伝いなんて一切したがらない子だから、これはビックリ、嬉しい発見 「次回からはお金取るよ~」だって。

そしてデザートは、普段リクエストなど全くしない私が、珍しく「買ってきてくれないかな~」と頼んだLe Parfaitのチョコレートムース。以前、偶然食べて目が飛び出るほど美味しかったのが忘れられず、バレンタインだから頼んでみた。お店に電話したら、近所の店舗は売り切れていて、わざわざダウンタウンまで買いに行ってくれたみたい~


美味しかった

我が家は親や親戚がどちらも遠いので、こんなふうに久しぶりに会って、楽しいひと時を過ごすことでき、嬉しいサプライズ・バレンタインとなりました

Category:家族 | BlogTownTheme:日記

Posted by 波猫まち子 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

February 7th, 2017 | 17:40

* 春に向けて

やっと晴れたと思ったら、また雨が降ったり安定しない天気が続いています。でも、暖かくなったのは確か。家の暖房をつけなくても良くなりました。

年始に、引っ越してきて依頼ずっと放置していた(故に枯れ果てた)ベランダのハンギングバスケットの植え替えをしようと決意。でも、気温が上がってからの方がいいんじゃないかな・・・とシロウトながら思っていたところ、先日Costcoであらゆる球根の袋詰が売られているのを発見!パッケージに載っている美しいガーデンの写真を見ながら、日の当たり具合なども考慮して、どこに何を植えようかとイメージを膨らませる。主に考えていた2階のベランダと玄関の左右にあるフラワーベッドは庇(ひさし)がある上に西北に面しているので、一日の半分以上太陽が当たらない。日陰に適している花を探すと、私の大好きなベゴニアがあるではないか

今まで、小さめの花が咲くタイプのベゴニア(木立性と言うらしい)しか知らなかったのだけど、球根性のもあるんですね!しかも、花が大きくて立派。「世界で最も美しい花」と言われるのも納得。

更に、私の好きな葉っぱがカラフルで綺麗なカラジューム科2種(ホワイトクリスマスレッドフラッシュ)や(ちなみに夫はこういうのはキライだそう)、スターゲイザーリリーも見つけ、球根なんて初めて買うくせに、夢中になってしまい一袋に15~18個も入っていることも忘れ、気が付いたら6袋も買っていた ガーデニングのプロが聞いて呆れるね(苦笑)。

しかも、帰ってきてから球根の正しい植え方をググったら、「最初の芽出しは室内で」とか書いてあるじゃないの!直接、庭に植えるもんかと思っていた私は、90個もの球根をどーーやってコンテナーみたいのに植えて室内に置きゃーいーんだ・・・と愕然。

で、更に色々調べたら、芽出しは「水にくぐらせた後、そのまま窓際に置いておいても良い」という簡単バージョンも発見。つまり、温度を22度くらいに保てれば(プラス少しの湿気と)芽出しを促進できるようなのです。

と言うわけで、

窓際に置いた分、


小さなコンテナーたちに植えた分(他にもある)、


そして後の残りは、サンディエゴだから外の気温はそれほど低くならないことを見越して、直接土に植えたのでした。

こうして私の球根大プロジェクトは始まった。果たして芽は出るんだろうか・・・

Category: | BlogTownTheme:日記

Posted by 波猫まち子 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

February 2nd, 2017 | 21:53

* 図書館でボランティアの日

毎週木曜日は、1時間半ほどMの小学校の図書館でボランティアをしています。でも、仕事はほんと~に大したことしていなくて、司書の先生がとっても良い人でHも連れて来て良いと言ってくれるので、ほとんど彼女のために行っているようなもの。と言うのは、子供たちに混ざってストリータイムに参加させてもらったり、一緒にボランティアをしているママが連れてくる子供たち(ハイハイする赤ちゃんもいる)と仲良く遊んだり、とまるで彼女の社会勉強タイムになっているからです。ほんとうはこっちが感謝したいくらいなの

正直、毎週すっごく楽しみに通っているわけじゃないけど(笑)、本好きのHはストーリータイムを楽しんでいるし、学校という環境に触れるのってすごく良いことだと思うのね。

小学校で親ができるボランティアは色々あって、クラスに入って授業を手伝うだけじゃなく、フィールドトリップに付き添ったり、週1回のBake Sale(学校の資金集めでカップケーキやお菓子を1ドルで売る)の手伝いをしたり。面白かったのは、Nの時にコンピュータ→図書館→体育の授業を手伝った時かな(それぞれ45分ずつくらい)。クラスの様子がわかって面白いし、先生とも親しくなれる。私はだいたい毎年一つ(週一)やるようにしています。

仲の良いママ友Rは、一番上の子(12歳)が小さい時からずーーーっと学校で色々なボランティアをしていたのだけど(彼女は写真家で、全校生徒の写真を無料で撮ったりもしていた)、元々先生志望だったこともあり、つい最近、近所の小学校の図書館司書になってしまいました 学校でボランティアをする内に、自分がいかに子供たちと接するのが好きか気づいたんだと思う。ボランティアをすると、自分に何が向いているか、教えてくれることもあるんですよね。逆に私は、子供たちに教える仕事がしたいと思ったこともあったけど、実際にクラスに入ってみて、「いや、私には無理かも」ってわかったし(苦笑)。そういうのって、実際に経験してみないとわかんないこともありますね。

もっと若い時から、色んなボランティアを経験しとけば良かったなあ、って思います。

Category:学校 | BlogTownTheme:日記

Posted by 波猫まち子 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲