波猫まち子の日記

気がつけば42歳。子供達はどんどん大きくなっていきます。これからの人生を見つめ直すきっかけになればと始めたブログ。

友達リスト

Archive : September 3rd, 2017

September 3rd, 2017 | 11:09

* 今年から大殺界だった!!

良くないことが起きた時、「あ~~もうどうして私がこんな目に」とか、「あの時、あの場所にいなかったら免れたのに…」とか、いろいろな「もし、あれをしてなかったら」を考えて後悔することが多々あります。特に最近、良くないことが続けて起こってるので…。

さすがに先週、かなり衝撃的な事件が起きた時は、「どうしてこんなに良くないことばかり起こるんだろう!?」って友達に泣きついてしまったのだけど、その時、ふと気になって昔良く見ていた四柱推命を調べてみたら、ガーン!なんと今年から大殺界に入っていた… 知らない人は何の話?って思うかもしれないけど、ひと昔前に細木数子で有名になった占いなのです。人生のサイクルを12年で区切って、安定していて物事がうまくいく時期と、何をしてもうまくいかない時期がある…とまあ簡単に言うとそんな感じ。もちろん、その人の生まれ年と誕生日によって〇〇星人というふうに区分され、運命サイクルは違ってきます。そんなに強く信じてるわけじゃないけど、昔は参考によく読んでいました。

不運な出来事って、一見自分には何の責任もなく降りかかってきたように見えるんだけど、落ち着いて考えてみると、やっぱりそこには、その事故や事件を引き起こした原因が自分にもあるんじゃないか、って先週の一件で感じました。

最近良く通っているトランプポリンのジムから、NとNの友達を迎えに行った帰り道のこと。夜の9時過ぎでした。Nの友達が急に気持ち悪くなり(彼は、トランポリンの帰りは必ずと言って良いほど気持ち悪くなって、これまで2回ほど吐いたことがある)、急いで目の前にあったガソリンスタンドに駐車。目の前にホームレスの人が座っていたことには気づいたのだけど、彼は結構すぐに吐くタイプなので、別の場所に移動する余裕がなかったのです。案の定、車のドアを開け、「トイレに行く?」って聞いてみたけど、首を振り、すぐにその場に吐いてしまいました。ホームレスが座っていた所から、5~6メートルくらい離れた場所でした。

で、辺りも暗いし(ガソリンスタンドには誰もいなかった)そそくさと(彼もスッキリしたようなので)発車し、道路に出るとすぐ、「ガン!!」という不気味な音が。驚いて後ろを振り向くと、後ろの窓ガラス(うちはトヨタのSienna、ミニバン)が粉々に砕けている…。暗かったし、一瞬何が起きたか理解できなかったんだけど、よーく見ると、そのホームレスの男が道路からガソリンスタンドに向かって戻っていく姿が見える。彼が石かブリックを投げた…らしい。

息子は、「ママ、911に通報だよ!」って言ったけど、私は恐怖のあまり、その場をすぐに立ち去ることしかできず、通報したことでそのホームレスに何されるかわからないし、ホームレスを通報してどうなるんだ…とも思ったんですね。

家に帰り、たまたまステイしていた夫の親友J(一年前に結婚式に行った)の奥さんに事情を話すと、びっくりして親身になって話を聞いてくれ、一緒に警察に通報する(緊急じゃないので、オンラインで通報するかたちになった)のを手伝ってくれました。

次の日の朝、保険会社に電話すると、250ドルの控除が出るので、それ以外にかかる費用は保険でカバーされるとこのことがわかり、まずは一安心。ガラス屋さんも次の日に直しに来てくれることに。

この事件について考えた時、自分のそばで吐かれたからっといって、逆上してブリックを投げて車の窓ガラスを破壊して良いわけはなく、常識を逸した行為であることには違いない。でも、私の方にもたくさんの落ち度があったんじゃないか…と思ったのです。

まず、
‐彼がトランポリンに行く度に吐いていたのなら、なぜ一番前の席に座らせなかったのか?
‐なぜ、わざわざホームレスの目の前に停めたのか?
‐なぜ、吐いたことをお店の人(ガソリンスタンドに付属していた小さなキオスク)に一言、「申し訳ありませんでした」と謝り、後片付けをしてもらわなかったのか?
‐あるいは、ホームレスの人に一言謝らなかったのか?(周りも暗かったし、近づくことに抵抗があった)

もっと遡れば、

‐なぜ、その日に二人を連れて行ったのか?(その日は、もともと子供みんなを連れてビーチに行く予定だった。でもNが嫌がったので、彼だけ行かなかった。私はビーチに行った後で疲れていたのに、彼の希望を叶えるために、無理をして夜遅くに連れて行った。娘二人はJの奥さんに家でみてもらって)

そもそも、私はホームレスの人への配慮が足りなかったのでは?と思うのだ。彼にとっては、そこが今夜の寝床だったのかもしれない(ただ店の壁に寄りかかっているようにしか見えなかったんだけど)。自分のテリトリーを汚されて、無性に腹が立ったのかもしれない。

これと大殺界と何が関係あるかというと、私の行動の判断基準がいつになくおかしくなっているということ。小さな(あまり良くない)決断の積み重ねが、このような事件を引き起こしているんじゃないか…と思うのです。

大殺界を生き抜くコツは、波風を立てず、おとなしく過ごすこと。大きな決断はしない方が良いそうです。普段だったら何事もなく過ごせるのに、あちこちで問題が起こる時期なのです。いつになく物事を慎重にとらえて、決断するようにしなくちゃ…と思いましたね。

Category:None | BlogTownTheme:日記

Posted by 波猫まち子 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲