波猫まち子の日記

気がつけば42歳。子供達はどんどん大きくなっていきます。これからの人生を見つめ直すきっかけになればと始めたブログ。

友達リスト

Category : セミナー

March 14th, 2016 | 18:32

* タロット占い

今日は、我が家にてShine のイベント「タロット占い&ポットラック」が行われました。占い師パティさんは、30年ほどサイドビジネスとして占いをやってらっしゃるとのこと。Shine価格で、何と一人10ドルで占って頂きました。

占いは20代の頃、会社があったビルの真向かいで路上占いしていた銀座の母が最後かな...その時言われたことで覚えているのは、「結婚はできるけど悪妻になりやすい。言葉遣いに気を付けて。中年以降は太りやすいので食生活に注意」だったような

今回は、たまたまうちで行われたので占ってもらいましたが、もしうちでなかったら多分参加していなかったと思うので、そういう意味でもラッキーでした。まずカードの束を受け取ったら、こぶしで1回叩きます(これは前の人の運を消すため)。そして3回自分の名前は述べ、自分が占ってもらいたいことを頭に浮かべながらシャッフルします。そしてカードを3束に分け、好きな順番に重ねてパティさんに渡します。上から1枚ごとにカードの意味を説明してくれ、10枚ほど占ってくれました。

一番最初に出たのが何と「エゴ」のカード。ウワですよね。それから物事が進むのを拒む「水」なども出てきた後、カードの名前は忘れてしまいましたが、今までの仕事は終わる、新しい職を探す、知識を得ると良い、ビジネスなどの新しいパートナーシップ、などが出、また幸せな家庭というベース、自分を表す「太陽」のカード、新しい事の始まりを表す「旅」のカードも。面白いのは、夫のことを言い当てているような気がしたことです。しかし、私自身、今までは主婦として家庭を支える役割をしてきたけれど、子供も成長しつつあり、これからは夫に頼りッきりではなく私も家計に貢献できるようになっていきたいという気持ちが芽生えているのは確かなのです。なので、正に今の私の状態を表しているようでびっくりでした。

パティさん曰く、今のあなたは自信も身に付けているので、自分がやりたいことが何かを探し求めると良い(瞑想を通して、あなたを守っている守護霊の声が聞こえてくるはず、と)。そして、やりたいことや欲しい物があったら、求めなさい、と。求めれば必ず与えられます、と。
それはきっとあなたを幸福に導いてくれるはず、とおっしゃっていました。

最初はエゴのカードでびっくらこいたけど、最後は幸せになれそうなので(単純?)一安心という訳です 夜、タロット占いと聞いて尻込みした夫にも内容を報告。

以前、オーラソーマ(カラーセラピー)でも、今の自分に繋がるアドバイスをもらったことから、今回タロット占いに出会えたのも何か意味があるのかもしれません。言われたことを、じっくり考えてみようと思います。

Category:セミナー | BlogTownTheme:日記

Posted by 波猫まち子 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

November 20th, 2015 | 14:18

* 盲目セーラ―岩本光弘さんのセミナー

昨日、全盲であられながら二年前に太平洋横断に挑戦された岩本光弘さんのセミナーに参加して来ました。わざわざ主婦の会Shineのために無料で行ってくださったのです。岩本さんのことは息子がくじら学園に行っていた時に娘さんと同じクラスだったので存じ上げていたのですが、ヨットマンまたはライフコーチとしてのお話を聞かせていただいたのは今回が初めてでした。


岩本先生とアシスタントのゆきローキーさん。

13歳から徐々に視力を失い始め16歳で全盲に。当時の衝撃や心の動揺がいかばかりであったかは、想像を絶するものがあります。お話を伺うに野球などスポーツをさかんにやられていたようで、徐々に球を拾えなくなる、打てなくなるのでチームメイトに責められる。でも「見えなくなっている」とは言えなかったそうです。しかし、全盲になり親にもようやく打ち明けます。苦しみ、親を恨んだこともあったそう。一度は死ぬことさえ考え橋の欄干に足をかけるが力が入らない。何度かけても入らない。休憩しようと横になった時、岩本さんを慕っていた他界されていた叔父さんの声が聞こえたそうです。「お前が目が見えなくても頑張って生きている姿を見てみたい」そこから「見えない自分にも、生きている意味があるのかもしれない」という考えに少しずつ変わっていったそうです。いつでも褒め支えてくれたお母様やご姉弟には感謝しているとおっしゃっていました。

岩本さんは、二年前にアナウンサーの辛坊治郎氏と共に茨城県いわき市から出発、太平洋横断に挑戦しました。メディアの影響もあり5000人に見送られるも、六日目にまさかの鯨との衝突。船は沈没、二人は自衛隊に命からがら救助されました。このようなご自身の経験から岩本さんが勧める人生を良くする五つのヒントには、Direction(方向、目標)・ Relationship(人との繋がり)・Environment(環境)・ Action(行動)・ Meaning(生きる意味)があります。

夢に向かって進むにあたり時には方向転換も必要。セーリングでは、無理やりに自分の進みたい方向に舵を取ろうとするとオートパイロットが壊れることもあると言います。太平洋横断の時には、台風に追われ南へ下ることを余儀なくされました。人間関係で大切なことは、Dream Killer(そんな夢はばかげている、出来っこないと言う人)ではなく、Dream Supporter(それ面白そうだね、やってみればと言ってくれる人)を探そう。親だったら子供にはDream Supporterになってあげよう。たとえ失敗するのが目に見えていたしても。

夢を実現させるためには、常にアンテナを張っていることも重要だし、タイミングというのもある。岩本さんが、ヨットとマラソンで世界一周したタレントの間寛平を支えたマネージャー比企氏、およびその時に使ったヨット、エオラスと出会うことが出来たのは、彼が日頃ヨット雑誌「舵」をボランティアの人に音訳してもらっていたことや記事を寄せたこともあったことなどがきっかけでした。全盲者と健常者の二人セーリングとしては世界初の試みが実現したのです。

日本では、年間一万人もの自殺者がいると言われています。それらの人達が置かれている環境には様々なものがあると思いますが、環境を変えることは難しい。しかし、自分を変えることは出来る。幸せは自分の心がもたらしてくれるもの、そう考えることができたら。勇気を出して最初の一歩を踏み出してみよう。岩本さんも、初めて杖をついて外に出た時の恐怖を今でも覚えていると言います。

岩本さんのセーリング活動を支える団体See What I Sea
岩本さんのブログ
岩本指鍼術療法(指でツボを刺激することで全身の気の流れを促進)

絶望的な状況でも、光を見つけることが出来る。全盲セーラーの岩本さんの言葉が多くの人たちに届きますように。

Category:セミナー | BlogTownTheme:日記

Posted by 波猫まち子 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲