一戸建て購入資金に困ったら

節約生活を続けます

November 23rd, 2015 | 20:59

* 老後が心配になってくること

最近は老後の心配をするようになりました。ある程度の年齢まで元気にいる事を念頭に置いていますが、寝たきりなどになると毎日楽しみが減ってしまうのではないかと考えてしまうのです。

なので、出来るだけ元気な状態で長く生活できるように、老後の心配をせずにいられるように今やっていけることを考えているのです。

そうなってくると、老後の自分の状況を想像して足りない部分を今から努力していけば良いと思います。特に足腰を鍛えてないと転んで怪我をして、その影響でずっと寝たきりの状態になってしまう可能性があるのです。

そのあたりを考慮していくと、足腰を鍛えるためのウォーキングなどを継続する事が大事であり、元気な状態で老後を過ごすためには最低限必要な事だと思います。

その様な感じで自分の老後を心配するもう一つのポイントがあります。それは、貯金がどれだけ貯まっているかです。当然のように年金に期待するのは間違っているので、どれだけお金を確保できるかがポイントだと思います。

ただ、私の生活からすると現状の生活費を確保するのも難しい状態になっているので、貯金が全く無い状況になってるのです。なので老後にどれだけの貯金を残せるか、と言うポイントよりもとりあえず現在の生活を安定させることが優先するべき課題なのです。

その様に、老後のことをいろいろと考えなければいけない状況に有るのに、その最初の段階で躓いているような状況です。お金を借り入れる必要がある場合も何度かあり、お金が足りない状況が続いているのです。

この状況が続くと老後も貯金が全くない状態になってしまい、少ない年金でやりくりをする状況になってしまいます。なので、老後のことを今から考え出来る事に集中していきたいと思うのです。

Category:None | BlogTownTheme:指定なし

Posted by mwcb 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

September 18th, 2015 | 05:14

* 小銭が多すぎると困ってしまう

小銭をできるだけ持ち歩かない人がいます。私もその人をまねしようと思って小銭が貯まったら自宅で貯金箱に全て入れるような生活ができました。

これをやって最初に思ったのは、レジでお金を支払うときにとても楽であるということです。お札を出して待っていれば良いので考える時間は全くありません。なので、小銭を数えたりする事を全くやらなくなったのです。

ところが、この場合小銭がどんどん増えていく状況にあるので、ある時期を見て小銭を全てお札に変えに行く必要があります。

どこの銀行でも小銭を両替することは可能なのですが、この時結構大量な小銭を持ち込むので恥ずかしいような感じになるのです。

小銭を使わなくて良い方法の一つとして、クレジットカードを使う方法があります。しかし、私はカードをいくつも所有していますが全く使う事がありません。なぜだか、カードを使うと署名したりする手間があるので余計に時間がかかって面倒くさいのです。

しかし、カードの利点は支払いが現時点のお金を使うことなく済ませることができる事です。翌月以降に決済となるので実際のところお金を借り入れている状態と同様になります。なので、お金が少ないときにはカードを使った方が良いと思うのです。

そんな事から、小銭を使わないという方法とお金を前借りできると言った利点を兼ね合わせているカードを使う頻度を増やそうと思っています。

ですが、私の住んでいる地域では小売店でカードが使えないお店がいくつもあり、結局は小銭を持ち歩くことになってしまいます。ちょっとした買い物も全てお札を使うとすぐに小銭が大量になってしまうので、結局は普通に小銭を探して出すようになってきました。

結構手間な方法だと思うのですが、周りの人たちも小銭を使うのは当たり前だと思っているので、当分はこの方法でいこうと思います。

Category:None | BlogTownTheme:指定なし

Posted by mwcb 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

September 14th, 2015 | 05:14

* 返済に追われる生活はかなりきつい

何年も前にかなりのお金を借りれたことがあります。その時には、自分の好きなものを高額で購入したのですが、その支払いに追われるようになると仕事に張り合いが出るのではないかと思ったのです。

つまり、お金が貯まってから後から好きなものを購入するという考え方と、最初に好きなものを購入してしまい楽しみながら仕事に打ち込むのです。ある程度のプレッシャーがあるので緊張感のある生活が送れるのではないかと思ったのです。

ですが、基本的には早い段階でお金を借りてしまったという状況であり、毎日返済に追われる生活となります。最初の段階では毎月の支払いはたいしたことがなかったのですが、私の会社が変わったことにより状況が不利になってしまいました。

予定してた給与が得られない状況になったので、毎月のローンがのしかかってくるのです。生活のお金が足りない状況でも返済はしっかりとしていかなければいけないので、残ったお金でやりくりしていく状況になります。

公共料金と家賃など必要な費用は確保するのですが、それ以外の残ったお金で生活をやりくりしていくことになります。特に食事に関しては大きくお金を節約することができるので、安い食材ばかりを買うようになりました。

このような返済に追われる生活を何度かやっていると、このような生活は間違っていると思うようになります。ある程度銀行に預金があるような余裕のある生活を送ることによって、ストレスを解消しリラックスした生活が送れるのです。

やはり、好きなものが手に入るという喜びはあるものの、返済に追われる生活を自ら考えるというのは間違っています。やはり余裕を持って最初の段階でお金を集めてから商品購入を考えるべきなのです。

Category:None | BlogTownTheme:指定なし

Posted by mwcb 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

September 6th, 2015 | 05:13

* 遊びに出るとお金を使いやすい

友人たちから誘いがあると外に遊びに出ることが多くあります。以前はアウトドアなどで楽しんでることが多かったのですが、最近は居酒屋などお店に立ち寄って話をしたりすることが多いのです。

そんな状況なので、どこに行ってもお金を使う状況にあります。節約生活をしている私にとっては遊びに出るとお金を使いやすい状況にあるので、できるだけ外に出ないようにしたいのです。

友達との付き合いを断るわけにはいかないので、何度も遊びに行くのですが、毎月ある程度の回数以下になるように気をつけています。あまりに遊びに出る機会が多いと、手持ちの現金が少なくなってしまい、月末の支払いに必要なお金が確保できないことがあります。

そうなってくると、お金を借りれたりする状況になってしまうのでその様な状況になる前に、生活内容を改善するように心掛けています。

私の場合は、遊びに出るとお金を使いやすいのですが、自宅にいると全くお金を使いません。たまに美味しい食べ物を買ってきて自宅で食べることはあるのですが、友人たちと一緒なら贅沢な食事を楽しめるのに、自分一人では適当な食べ物があれば良いのです。

食事を作ったりするのが手間であるという考え方もありますが、シンプルな食べ物は私は好きなのです。なので、手間のかからないレンジで温めればすぐに食べることができる食事と、ちょっとだけ一手間加えてすぐできる食品を購入するようにしています。

このように食べ物も十分に自宅にいれば悪報できるので、外に出る必要がないのです。遊びに出るとどうしてもお金を使いすぎてしまうので、自分で生活ルールを決めて考え方を改善していくしかないのです。

最近は節約を念頭に置いて生活をしていることを友人たちにも話しているので、それを考慮して何度も遊びに誘われることはなくなってきました。そうなってくると、逆に遊びに出たいと思うようになります。

Category:None | BlogTownTheme:指定なし

Posted by mwcb 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

September 3rd, 2015 | 05:12

* 積立金に期待するようになる

私は会社で積立金を積み立てています。これは私が入社した頃からお決まりの方法となっているのですが、この積立金は何らかのイベントの時に下ろすことが可能になっています。

自分で何か商品が海外とか、旅行に行きたいなどのその様な理由では下ろせない事になっているのです。もしものピンチの時に積立金で対応するといった考え方になっているので、お遊びには使えない状態なのです。

私は、旅行に行くのが好きなので積立金を旅行に使えるのであれば、生活に余裕が出るのです。なのでできれば積立金を解約したいのですが、お決まりの習慣として社員全員が積立金をしているので、私だけ抜けるわけにはいかないのです。

おそらくこの積立金は、会社側が何らかの資金運用として使っているのだと思います。なので、ある程度の利息が出ても良いように感じるのです。そのあたりの話が全くないので、お金を勝手に貯金させられているような変な状態になっています。

ただ、私の習慣として手持ちの現金をすぐに使ってしまうことがあるので、将来的に何があるか分からないので積立金である程度カバーできるのは安心ではあるのです。

自分でどんなことが起きるのか想像がつかないので、将来の備えとして積立金を蓄えておくのは必然的な事であると諦める事にしています。

ですが、私の友人たちの話を聞いてみると積立金をしているという人はそれほど多く無いのです。銀行で子供のために積立金をしている人が何人かいたのですが、その場合は、自分で銀行口座に振り込むことになるので手間がかかると言っていました。

そんな事を考えていくと、会社で積立金の制度があるのは悪くない方法であると思うようになりました。自分で考えている範囲よりも違った感じのイベントが起きてお金が必要になることがあるはずなので、今のところは積立金を継続していく考え方でいるのです。

Category:None | BlogTownTheme:指定なし

Posted by mwcb 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲