一戸建て購入資金に困ったら

節約生活を続けます

April 19th, 2017 | 23:02

* いくつもの方法を考えておくように

家

ここ数年は、新築一戸建て・分譲一戸建てなどの情報サイトをチェックする事が多くなりました。新築住宅購入や分譲住宅の情報は新聞をチェックしても毎日非常に多く掲載されており、地域で発売されている週刊誌を毎週のように買ってチェックしています。

各都道府県別の建売住宅の情報も有名なネットのサイトをいくつも閲覧するようになりました。毎日のように情報が更新されるわけではありませんが、非常に人気のある高層マンションなどはすぐに埋まることが分かってきました。

立地条件と販売価格などから、どのようなタイプがお得であるのか分かってきましたが、最も問題なのがマイホームを購入する資金を確保出来ていない現状です。

問題なのは浪費癖である



私は社会人になった頃から、浪費癖があって困っています。給料日にはお金の余裕があるので気分的にも大きくなってしまいお酒を飲みに行ったりすることが多いのです。この時に、楽しい時間があるとつい飲み過ぎてしまいます。

そしていくつものお店に流れて行くので、そこで支払いができなかったりするのです。そして翌日で払いに行くのですが予想外に高い金額で支払いができなかったりすることがあるのです。

このようにお金に困ったら何をしたら良いのか考えることがあります。どうしても必要になるので、どこかから調達しなければいけない状況にあります。しかし、調達できる範囲は限られているので、簡単にお金を集めることは難しいのです。

そうなってくると、どんなことができるのかをよく考えて選択する事になります。ただ、お金に困ったらできる事はそれほど多く無いのです。借りるかお金を作るためにどのように取り組むかの2つになります。

仕事を増やしてお金を確保すべき



他の人たちに迷惑をかけない方法として仕事をする方法があります。すでに一つの仕事をしているのですが、もう一つ仕事をすることによって収入を増やすのです。

考え方はとても簡単なのですが、これが結構微妙な感じになります。体力勝負でお金を集めるのは限界があるので、別の考え方にしていくことが大事です。

困った時には何をするべきか



お金に困ったら最終的には借りる事を考えてしまいますが、その時に問題なのは知り合いなどから借りると何度も迷惑をかけてしまう状況があります。困ったときはお互い様だと考えてくれる人はそれほど多くないので、どうしてもきつい状況が考えられるのです。

何年も前から良い方法だと思っているのは、ネットでお小遣い稼ぎをすることです。ネットサーフィンは毎日のようにするはずですが、その時にちょっとばかり広告をクリックしたり、あるサイトで新しい情報をチェックするなどして少しずつですがポイントを稼いでいくのです。

このポイントは、直接現金には変換することができませんが、ネットで流通している様々なポイントに変換することが可能なので、様々な商品を買うことが可能になります。なのでお金に困ったらポイントで商品を買えば良いのです。

このように考えていけば、手持ちの現金がなくなってしまったときのために、ある程度のポイントを集めておくことはとても大事なのです。

毎月の収入が問題である



毎月の収入が少なすぎる場合には、仕事の内容を大幅に変えて報酬をアップさせる考え方に切り替える事が大事になってきます。少ない報酬にて常に我慢する習慣になっていると、節約をする中身に気を使うようになりますが、そうではなくより大きなところを見た方が改善効果は高くなります。

収入アップを狙うために転職をする考え方以外に、内職やその他の仕事を探す事は非常に重要なことです。これまでにも仕事の量を増やした方が良いと試行錯誤しましたが、これからはネットの求人情報のサイトを常にチェックする事と、新聞の求人情報欄を確認する時間も設ける事が大事だと考えています。

報酬の高い仕事を継続していくために



正社員の仕事がしたいとずっと考えていますが、まずはきっかけを作らないと次の仕事に続かないと思うので、報酬の良い仕事は積極的にやってみて自分のスキルを高めていくように努力を継続することが大事です。

少ない時間の中で収入を増やす為に何をしたら良いのか考慮していくと、結局ベストな対策がなかなか見つからず、振り出しに戻ってしまう状態になります。この悪循環をどうにか変えて良い対策を考えていく必要があります。

中古の一戸建ても視野に入れる



自分の家を求めるときには、誰しも新築一戸建てを念頭にプランを考えていくはずです。しかし、現状のお金の問題であったり、何年後にどれだけの良さを確保できるのか考えていくと、長い期間をかけてお金を確保していく考え方よりも、早めに中古を買ってしまった方が良いのではないかと考えます。

高い金額のマイホームを購入できないのは仕方がないので、とりあえず中古のマンションなどを購入し、そのローンを全て払い終える頃に次のプランを考えるという方法が可能です。

新築を断念するという判断になる



多くの場合、とりあえず中古の建物を購入すると言うことは、その建物に多くのお金を使って貯金がなくなってしまう状態となるため、将来的に新築の一戸建てを購入したいと考えるプランがなくなってしまうことになります。

「いつか、新築に住みたい」と考えていても少しばかりの貯金を全て使ってしまう事は、その考えが無理になると言う意味になってしまいます。将来に向けて家族が増えて、働き口が増加する事で収入アップを計算する事もできます。

しかし、自分が予想したようなお金のやりくりができなくなってしまう可能性もあるので、中古の物件を購入するという考え方は、将来的にも新築一戸建てを断念するという事に等しくなるように感じます。

Category:None | BlogTownTheme:指定なし

Posted by mwcb 公開:すべてに | Comment(1)

Page Top ▲

April 17th, 2017 | 11:25

* 家を買うときのタイミング

将来的にマイホームが欲しいと考えてる人は多いはずです。最終的な目標と考えて、貯金の金額を少しずつ増やしていく事が有効な対策となります。

しかし、いざ家を買うとなると、どのようなタイミングで決断したら良いのか分からなくなってしまいます。貯金の期間をできるだけ伸ばしていけば、より目標に近い広さの家を狙っていくことが可能になるはずです。

ですが、時間がどんどん経過していくと焦って決断が分かりにくくなってしまうことがあります。早く家を買っておかないと無駄な賃貸料を支払う期間が長くなるので買いたいのですが、なかなか住宅ローンが思うようにいかない場合が多いのです。

このような時には、どのタイミングで家を買うのか早めに決めておくことが大事です。

多くの場合は「家族が4人に増えた時」というような条件を設けることが有効となっています。子供が小さいうちは問題無いですが、ある程度の年齢になるとそれぞれの部屋が欲しいと言い出すことや、購入する物も増えてくるので、ある程度広い部屋に引越しする必要があります。

もしくは、現在勤めている会社で人事異動があり、より重要度の高いポストに抜擢されたりした場合には、当然のように報酬に手当などが付くので総支給の給料が増える事になります。

そうなってくると将来の見通しが立つようになってくるので、家を買うタイミングとなる場合が多いはずです。問題はこのようなきっかけがなかった場合です。

いつまでも同じような給与が続いていると、将来的に住宅ローンの返済の期限が異常に長いことがネックになります。その金額に躊躇してしまうと、いつまでも家を買うタイミングがない状態が続くことになります。

そのため、自分で家を買うタイミングをしっかりと見極める事が大事です。家族の人数が増えたとき以外には、「45歳になったら」のような年齢のボーダーラインを設定しておけば、最終的に生活の変化がなかったとしても、家を買うタイミングが必ずあることになります。

分譲住宅などを内見すると、キッチンとリビングが一体になったカウンター型のキッチンが非常にカッコ良く見えるので、早く家を買いたいと思うようになります。

そのため、家を買うタイミングがなかなか分からなくなってしまったときには、不動産屋に足を運び様々な部屋を内見していくことが有効な対策となるはずです。

欲しいものが目の前にあると、リアルにお金を確保する為の対策を考えるようになるし、自分で家を買うきっかけを作ることになるはずです。

問題となるのは土地です。価格が高いだけでなく立地条件を試行錯誤していく必要があったり、自分の買いたいタイミングでお買い得な土地が売られているはずもなく、このあたりのやりとりがかなり問題となってきます。

そのため、ベストな家を買うタイミングにするためには、何よりも早く多くの貯金額を確保していく事が有効となります。

Category:None | BlogTownTheme:指定なし

Posted by mwcb 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

April 13th, 2017 | 23:38

* リフォーム済みは問題かもしれない

最近は古くなった一戸建てやマンションをリフォームする事が流行っています。壁や床などは築年数により老朽化していくので、内装の材料を新しいタイプに切り替えていく事によって、見た目的には新築のような状態に作り変えることが可能です。

そのため、中古の一戸建てをチェックしていると「リフォーム済み」の物件をいくつも見ることがあります。

中古物件のオーナーの考え方では、「古いまま販売するよりも、老朽化した部分をきれいにリフォームして販売した方が販売価格を高めに維持することがかのうである」となります。

考え方は間違っていないのですが、買う側からするともう少し問題があるかもしれないと疑う事が重要となります。

リフォームとは、問題のある部分を新しく作り変える事になる為、古いパーツが取り替えられてより住みやすくなることは間違いありません。しかし、物件によっては表面だけが新しく作り変えられ、内部の老朽化した部分をそのままにしている物件があります。

不動産屋がオーナーの物件であれば問題無いと考えていると、そうでもない場合もあります。このようなニュースを見るたびに、リフォーム済みの住宅は非常に大きな問題を抱えている可能性がある事を考慮すべきです。

特に問題とされているのは、床下です。フローリングの材料を新品に取り替えると非常にきれいに生まれ変わるのですが、その下にある配管などが老朽化してる可能性があります。

特に水回り設備の交換をすることは、長期的に使っていく家を考慮するなら非常に重要な部分となります。少しばかりの水漏れが長期的に継続し、床下の様々な部分を老朽化させてしまう可能性があります。

このような問題をクリアするためには、住宅診断をする事が有効であると分かってきました。専門の住宅を診断する診断士に依頼して、購入前に中古住宅の現状をチェックしてもらいます。

構造に問題があったり、老朽化した部分をそのままにしているなど、いくつもの問題が見つかった場合には、安い物件であっても買ってはいけない事になります。

それとは別に、ある程度の問題点が見つかりその部分の修繕費用を考慮してもお買い得である物件が見つかる可能性もあります。

最も問題なのは、リフォームしてきれいな状態に喜んで問題点に気がつかないことです。これを回避するために、リフォーム済みの物件であったとしても住宅診断を依頼した後に決断する事が有効となります。

住宅診断にある程度のコストがかかったとしても、知らずに条件が悪い物件を買ってしまうリスクを考慮すると十分に元が取れると考えるべきです。

このあたりの知識が深くなってくると、リフォーム済みの物件は全てが問題かもしれないと考えるようになりますが、それと同時に問題箇所を全て把握した後に適切な価格で購入できれば、本当にお得な物件を手に入れることができるはずです。

Category:None | BlogTownTheme:指定なし

Posted by mwcb 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

August 18th, 2016 | 05:03

* 半額で購入できるときには

特にファッションアイテムなどに関しては、季節の変わり目にお店に足を運べばかなり格安で購入することができることもあるのです。シーズンオフとなる商品は早めに処分しなければいけないので、3割引程度から半額まで値下げをすることが多くあります。

今シーズンに仕入れた商品は、出来るだけ来年まで置かずに早めに処分することが有効です。ファッションアイテムは常に流行があり、去年と同じ商品が売られているお店では、お客さんに飽きられてしまうのです。

そんな事から、季節が切り替わる節目あたりには半額処分のセールが入る事が多いのです。そのあたりを見逃さずに安い商品を購入することがポイントとなります。

節約生活を続けている人にとっては、衣類を半額で購入できるのはとても重要なのです。本当に困窮して様々な支払いをしている厳しい段階においては、ファッションアイテムは先送りすることが可能です。

ですが、何年も先送りするのは難しいため、ある程度のところで安い商品をチェックして買いに行く必要があるのです。その為、半額になるあたりが何月なのかある程度判断する必要があります。

半額処分程度のセールになってくると、必ずチラシに掲載するようになるため、こまめに広告をチェックしていれば半額処分セールを見逃すことはないはずです。

そして、食料品などについても出来るだけ半額で購入する事が重要だと考えています。特にお惣菜などは、今日作った物はお店が閉まるまでに全て処分する決まりになっているため、最終的には全てのお惣菜が半額まで値下げされていきます。

3割引程度の価格になった時点で、ほとんどの人が買っていくため半額で購入できるお惣菜がどれだけ残るかがかなり気になります。ただ、半額でも購入する時に躊躇してしまうお弁当などもある為、日によって半額で購入できるお得な商品があるかどうかかなり変わってくるのです。

Category:None | BlogTownTheme:指定なし

Posted by mwcb 公開:すべてに | Comment(1)

Page Top ▲

July 23rd, 2016 | 02:58

* 掲示板で必要な資金のやりとりをする

住宅ローンが可能になるまでにはある程度の時間がかかります。私は全く貯金が無い状態なのである程度の頭金を食べるまではまだまだ一戸建てを買うには遠すぎると考えています。

ただ、ネットの住宅ローンサイトなどをチェックしてみると、最近は頭金をほとんど準備しなくてもローンが組めるという話を何度も言ったのです。時代は変わって考え方がガラッと違っているようなのですが、それでもローンを組まないのは、生活の不安がずっと続いてるからです。

少ない収入で生活をしていると、ちょきの金額がほとんど貯まらないので、このような状態でローンを組むと非常に危険な状態となってしまいます。住宅に関する考え方は後まわしにして、現状の生活を向上させる対策を考えていく必要があります。

ここでポイントになるのは、生活費の確保です。毎月水道光熱費や家賃などいくつもの費用を支払っていますが、そんな中で食費にどれだけのお金を費やすかがポイントになってきます。

ちょっとばかりが気が緩むと食費はどんどん増加していきます。贅沢な食材はありふれているので、美味しい食べ物を探していると食費が増加する傾向になります。

外食をしているわけではないので無駄遣いとは考えませんが、やはり節約出来る部分がいくつもあるので、食材の調達に気を使うし、よりリーズナブルな材料を揃えていくことによって、無駄な出費を大幅に削減することができます。

調理の腕前も少しずつは上昇してきており、安い食材ばかりを使ったメニューを等も作っていますが、周りの人達から見るとおそらく材料の金額を聞くと驚くのではないかと思います。

最近はネットの節約サイトなどを除くようになったので、安い食材で良いメニューを作るノウハウがある程度分かってきました。ちょっとばかり味付けのコツがいりますが、安くても使い勝手の良い調味料や食材をいくつも揃えていけばバリエーションも段々と広がってきます。

このように、食費を抑えるやり方は分かってきたのですが、それでも自分の予定している出費以外の支払いが発生することがあり、その様な時は銀行の預金額を全て使い切ることもあります。

これは私にとってかなりのピンチとなります。生活で必要な金額がほとんど無い状態で出費が続いてしまうと、お金を調達する場所が全くなくなってしまう状況になります。この状況を改善するために、いくつかの対策を考えたのですが、最近はお金貸して掲示板が良いという話を聞いたのです。


信頼できる人からお金を確保していく対策は、非常に考えやすいのですが長期的に何度も借り入れる事は難しくなってくるため、特定の人に常に頼る生活は非常に危険であると考えます。

お金がないときは非常に困ってしまうので、安易に確保出来る対策として、銀行やカードローンの会社から借りれる等の対策が良いと思うようになりますが、実際のところは返済に常に追われる生活になるので、良い対策だとは言えないのです。

とりあえず、現状のお金がない状態を回避する事が最優先であり、後のことを考えずに行動してしまうと、後悔してしまう可能性があるのです。お金のことは、後で失敗したと感じた時には必要以上に利息を支払うなどの状態になってしまいます。


結局は、利息を大きく支払えばお金を融資してもらえる事は間違いのない事であり、その都度返済金額が大きくなってしまうので損をすることになります。

必要な時にお金を確保できる事がとても大事ではあるのですが、他に選択肢がないのかよく考えることも重要となります。何度もお金を確保する状況がある場合、根本的に生活でやりくりするお金の上限額が少なすぎることが問題だと言えます。

この部分を解消していかないと、いつまでも少ないお金のやりくりと、借入をどこからするのかについて悩む事になってしまいます。

その様な場所なので、本当にお金に困ってる人達が短期間だけお金を借りたいと申し込みに来ることがあります。申込用紙に処理を気にするようなかしこまった手続きは必要無いのです。

通常の掲示板と全く同じように、スレッドを立てて自分が必要とされる情報を書き込みます。その中身は買いたい金額と返済までの期日、その他お金の借り入れの際に必要と思われる情報を出来るだけたくさん書きます。

ただ、不特定多数の人が除く掲示板なので勤めている会社や年収などあまりに多くの情報を記載すると問題があります。その様な時は、ある程度の金額と返済日の情報を基に、貸してくれる人がメールアドレスを提示するので、そのメールにプライベートな情報を送信することになります。

その結果、融資してくれる人が見つかる可能性があるのです。このお金貸してくれる掲示板を利用することにより、より楽に生活のお金を確保していくことが可能になります。お金貸してくれる掲示板は、管理している会社などの情報や、貸してくれる人の人となりをしっかりとチェックしていく必要があり、その辺の情報が不備だと不安な状態でやりとりすることになります。

生活に必要となる資金を調達する手段はそれほど多くないため、掲示板を使ってお金を融資してもらう対策は非常に貴重なのです。

他からお金を融資してもらえない人にとっては唯一のお金を貸してもらえる場となる可能性があるため、ネットのお金を融資してもらえる関係の情報をいくつもチェックし、最終的に他の対策がないと分かった時には、常にお金貸してもらえる掲示板をチェックする時間が多くなるはずです。

このような、生活費を工面するために非常に苦労する可能性が出てくるので、毎月の資金の動きを詳しく確認するようにし、収入が激減するもっと早い段階で貯金に対する意識を高めておくことが何より大事となるはずです。

Category:None | BlogTownTheme:指定なし

Posted by mwcb 公開:すべてに | Comment(1)

Page Top ▲