何でも情報館

美味しい話、ためになる話、面白い話、ついでに怖い話、etc・・・これでもか!っと、何でも情報てんこ盛り。

友達リスト

October 9th, 2017

* 糖尿病闘病記!血糖値とヘモグロビンA1c値を下げる

糖尿病を判断する基準になるものが、血糖値とヘモグロビンA1c(HbA1c)です。

血糖値やヘモグロビンA1cは、正常値や平均値が決められています。

血糖値の正常値や平均値は、年齢や性別をはじめ、様々な要因によって血糖値が変化することを考慮して、決められた値です。

血糖値の正常値は一般的に、空腹時に測定した時のもので、空腹時において109㎎/dl未満が正常値とされています。

ヘモグロビンA1cは、5.8%~6.2%です。

また、血糖値は食後2時間後に上昇すると言われており、この上昇を考慮して食後2時間後の血糖値の正常値は、140㎎/dl未満となっているのです。

空腹時の血糖値が109㎎/dl未満という正常値を超えてしまった場合や、食後2時間の時点で血糖値が140㎎/dlを超えてしまっている場合には、病院でさらに詳しい検査を受けた方がよいでしょう。

血糖値は、109㎎/dl未満が正常とされているのですが、平均値は年齢や性別によっても少し違ってきます。

20歳~29歳の平均値は、男性が90㎎/dlで、女性が89㎎/dlとなっており、40歳~49歳の平均値は、男性は98㎎/dlで、女性が96㎎/dlとなっています。

年齢が上がるにつれて、血糖値の平均も上がっていき、70歳以上では男性が108㎎/dlで、女性が112㎎/dlとなっているようです。

血糖値を測定したら、自分の年代と比べてみてはいかがでしょうか。

血糖値が自分の年代の平均値や、正常値を上回る人は、血糖値をコントロールし、糖尿病の悪化を防ぐようにするとよいでしょう。



>>血糖値を下げる方法!わずか「5分」の真実とは?

>>ヘモグロビンA1cを下げる食事と運動方法

>>糖尿病完治は断糖食でのみ可能になる!

Category:ひとりごと | BlogTownTheme:指定なし

Posted by mie at 17:16 公開:すべてに | Comment(0)

COMMENT

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントは反映されません。

下の画像に表示されている番号をご入力下さい。
 

Page Top ▲