何でも情報館

美味しい話、ためになる話、面白い話、ついでに怖い話、etc・・・これでもか!っと、何でも情報てんこ盛り。

友達リスト

October 9th, 2017 | 17:16

* 糖尿病闘病記!血糖値とヘモグロビンA1c値を下げる

糖尿病を判断する基準になるものが、血糖値とヘモグロビンA1c(HbA1c)です。

血糖値やヘモグロビンA1cは、正常値や平均値が決められています。

血糖値の正常値や平均値は、年齢や性別をはじめ、様々な要因によって血糖値が変化することを考慮して、決められた値です。

血糖値の正常値は一般的に、空腹時に測定した時のもので、空腹時において109㎎/dl未満が正常値とされています。

ヘモグロビンA1cは、5.8%~6.2%です。

また、血糖値は食後2時間後に上昇すると言われており、この上昇を考慮して食後2時間後の血糖値の正常値は、140㎎/dl未満となっているのです。

空腹時の血糖値が109㎎/dl未満という正常値を超えてしまった場合や、食後2時間の時点で血糖値が140㎎/dlを超えてしまっている場合には、病院でさらに詳しい検査を受けた方がよいでしょう。

血糖値は、109㎎/dl未満が正常とされているのですが、平均値は年齢や性別によっても少し違ってきます。

20歳~29歳の平均値は、男性が90㎎/dlで、女性が89㎎/dlとなっており、40歳~49歳の平均値は、男性は98㎎/dlで、女性が96㎎/dlとなっています。

年齢が上がるにつれて、血糖値の平均も上がっていき、70歳以上では男性が108㎎/dlで、女性が112㎎/dlとなっているようです。

血糖値を測定したら、自分の年代と比べてみてはいかがでしょうか。

血糖値が自分の年代の平均値や、正常値を上回る人は、血糖値をコントロールし、糖尿病の悪化を防ぐようにするとよいでしょう。



>>血糖値を下げる方法!わずか「5分」の真実とは?

>>ヘモグロビンA1cを下げる食事と運動方法

>>糖尿病完治は断糖食でのみ可能になる!

Category:ひとりごと | BlogTownTheme:指定なし

Posted by mie 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

April 8th, 2016 | 00:55

* サプリメントを育毛の為に利用する

サプリメントを育毛の為に利用する人も増加しています。げんきな髪が育つためには、必要な栄養素を、地肌まで届けなければなりませんが、意識して摂取しようとしても、日々つづけるのは難しいものです。育毛サプリなら負担にならず確実に栄養を摂れるので、髪が育ちやすくなるはずです。けれど、育毛サプリばかりに頼りすぎるのも、いいことではありません。ストレスを発散するというのも頭皮マッサージが育毛に聞く所以です。しかし、頭皮マッサージにはすぐに結果が出るような効果はありません。少しやっただけでは実際に変わったかどうかを実感できないと理解してちょうだい。頭皮マッサージはマメにコツコツ繰り返すことが大切です。育毛剤というのは頭皮のコンディションを良好に保ち、毛髪の成長促進の効果が期待されるものです。頭皮の血流を良好にする成分や毛髪の成長促進に必要不可欠な栄養が配合されています。どんな育毛剤でも全て同じ効果的であるとは限らないでしょうし、その人その人で相性が合う合わないもありますからあなた自身が納得のいく育毛剤を選ぶとよいのになるでしょう。半年くらいの長い時間をかけてじっくりと試すといいでしょう。事実として、育毛剤はなにかしらの効き目があるのでしょうか?商品にもよりますが、育毛剤には髪の毛が生える条件を調える有効成分がふくまれています。使った際に、その成分が体質による条件を満たせば、薄毛の改善を促進することとなるでしょう。しかし、効き目がすぐにあらわれるものでもありませんし、用法や容量を守らなければ効き目がありません。育毛剤の役割はふくまれている成分によって変化しますから、自分自身の頭皮の状態に適したものを選択するようにするといいでしょう。高額な育毛剤ほど育毛を促進する成果があるかというと、沿うとは限りません。ブレンドされている成分と配合量が自分に適したものであるかが重要です。育毛剤は正しく使わないと、効果がないと言うことです。一般的には、夜に洗髪し、頭皮の汚れや古い角質を取ってから育毛剤を使うのが良いでしょう。お風呂に入って血の巡りを促進すれば、髪を育てるためにもいいですし、良い睡眠にも繋がります。原因がAGAの薄毛の場合、並の育毛剤では効果が期待されません。配合成分にAGAに対して効果のあるものがふくまれている育毛剤を使用するか、病院でAGAの治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)をうける方が好ましいです。AGAであるならば、早々に対策を講じなければ、さらに毛髪は薄くなってしまいますから、考えてる場合ではないですから何らかの手段をとりましょう。運動することが育毛に良いといわれても、よくわからないかも知れません。しかし、体をあまり動かさない状態では血行が滞りやすくなりますし、太りがちになります。血行不良(不良が使う不良用語の中には、一般的に使われるようになったものも少なくないでしょう)では薄毛に有効な栄養素が毛根まで届かないですし、肥満(体重や体脂肪が多すぎることをいいます)も薄毛を誘発するひとつの原因です。運動不足を解消して健やかな髪を育てましょう。育毛促進が期待できる食べ物は何か問われれば、海藻類の中からワカメや昆布などを思いつく人持たくさんいるだろうと思いますが、本当のところあまり育毛促進効果がないだろうとの説がいわれています。ある特定の食べ物を食べることに拘るのではなく、タンパク質やビタミン、ミネラルといった栄養をバランスよく食べることを意識することが育毛促進には大切なことです。それと共に食べ過ぎてしまわないように注意しなければならないでしょう。育毛剤のBUBUKAはミノキシジルと同じレベルで育毛効果が研究で得られており、試された方のほとんどが育毛効果が得られています。それに加えて、人によっては副作用が起きることで知られるミノキシジルのようなマイナス面がないため、何の心配もなく使いつづけることができることとなります。鉱物油とか合成ポリマー、パラベンのような添加物の使用もなく、医薬部外品の認可をうけています。育毛剤の効果はすぐにでるものではありません。3か月をめどに利用していくといいでしょう。ただ、かゆみがあったり炎症がおこるといった使っていなかった時には現れなかった副作用が現れた場合、利用をお控えちょうだい。もっと抜け毛が起きてしまうことが考えられます。育毛剤の効果は個人の体質などの問題があるので、効果が全ての人に出てくるとは限りません。頭皮のマッサージをつづけると次第に頭皮の状態が良好になり、新しい髪が生えやすくなっていることでしょう。マッサージする際、爪をたてて行なうと頭皮が傷つくので注意して、指の腹を使って揉んでちょうだい。シャンプーの時、頭皮マッサージをすると髪も洗えて一石二鳥なのです。とりあえず、育毛効果を感じるまで根気よくつづけるようにしましょう。高級育毛剤を使っているけれどナカナカ効果が感じられない方は、食事をちょっと工夫してみませんか?食べ物は髪の毛の生育にかかせません。体に必要な栄養素が補えていないと、髪の毛にまで行き渡らないので、栄養が足りない状況が続いたら薄毛になります。規則正しい食生活をとって、食事で摂取することが難しい栄養素はサプリで補いましょう。育毛薬や発毛薬を使う人も、最近ではプロペジアやミノキシジルは育毛を進める薬を飲めば、幅広いこれら育毛薬には医者の処方がないとダメですが、安く買う人もいます。ただし、安全の面から問題もあるので、育毛剤を半年から1年程度使用してみて、効果が感じられない時はちがうものを使ってみた方がいいでしょう。しかし、1ヶ月や2ヶ月で実際に育毛効果が得られないからといって使用を中断するのは、非常に早すぎます。副作用が出ていない状態であれば、6ヶ月程度は使うようにしましょう。

頭頂部が薄いのは遺伝のせい?だったら改善はできない?

頭頂部の薄毛よアバヨ!チャップアップでハゲ予防!

Category:ひとりごと | BlogTownTheme:指定なし

Posted by mie 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲