まるこのブログ

ブログでいろいろな事を発信していきます。

友達リスト

Category : ライフスタイル

October 17th, 2017 | 18:38

* どんな人が好きか、そしてどんな人になりたいか

色々ドラマを見るのが好きでいろんな俳優さんをみますが、その中でも綾瀬はるかさんは好きですね。
なんでしょうね、すごく少女っぽさもあるのですがやっぱ胸とか大きいしい大人の女性の色気もあるし興味深い女優さんですね。
役柄も色々で、女子力の低い干物女を演じたり、できる女役を演じたり、または腕っぷしの強い女用心棒の役をしたりして幅広い役を演じていますよね。
正直、何でこんなにもいろんな人格のちがう人の演技ができるのか不思議ですよね。
どの役もこなせるということは、本人の性質の中に色んな要素があってそれを表現するのがうまいってことなんですかね。
また、番組宣伝でバラエティーにも出られているのをみるのですがマイペースで天然っぽさがあって好きです。
モノマネとかするし面白い人ですよね。

なんというか、突拍子もないことをやるというか、行動に予想がつかないところがあって見ていて飽きないです。
また、すごく肌が綺麗ですよね。
キメが細かいし艶があるし、同性としてもすごくうらやましいです。
同性異性問わず憧れる年上の人がいるっていいですよね。
一番は、身近にいる人の中で憧れられる人がいればいいのかもしれないですが、有名人であっても憧れる人がいるとなんだか楽しいです。
人って、どうしてもポジティブな面よりもネガティブなことに目がいきがちで、特に元気がない時って将来やまだ未経験のことについて不安ばかりが募りやすいです。

そして、年を取ることについても憂いてしまいがちなんですよね。考えたって、どうしたって年を取るので考えすぎても仕方がないのですが、心配事って探そうとしなくてもすぐに沸いてきちゃうんですよね。
でも、自分よりも年上の先輩が楽しそうにしているのをみると、安心するというか年を重ねるのも悪い事ばかりじゃないんだ、楽しいこともたくさんあるんだなと思わせてくれるんですよね。

人の悩みって、自分だけの悩みじゃなくて多くの人生の先輩方も経験していることなので、悩みを相談したら意外とそんなのは大したことじゃないよと言ってくれたり解決策を教えてくれたりするものです。
人の人生というか、生き方にはたくさんの抜け道やより道やら、沢山の道があり、いろんな道があるからあまり悲観したり思いつめないで良いんだよ、と若い人たちに自分も追々そう言える存在になりたいとも思いますね。

だって、自分が経験して辛かったことを自分より若い子が同じように経験して苦しそうだったら助けてあげたいですよね。
まだ私は人の悩みとか相談事に応じるのが上手じゃなくて若い世代の人たちに気を楽にさせてあげられるような気の利いたことを今は言えないですがもっと歳をとった時に言えるようになっていたらいいなと思いますね。
ただ、説教みたいになるような人にはなりたくないですよね。
いますよね、やたら「私の若い時はそんな事許されなったのに、今の人は我慢が足りないわよね、もっと我慢しなさい」というような人は嫌ですね。
そういう人は、きっと何かに満足していないんでしょうね。自分の本音で生きていないというか自分をないがしろにしてきた人なのかもしれないですね。
まあ、そういう人を嫌な気持ちにさせるアドバイスのことをクソバイスっていうらしいですよ。
上手い事言いますよね。
ほんとうに、アドバイスをもらいたいなら人生が上手くいって幸せそうな人に聞くのが一番ですね。
人に頼るって、なんだかいけないことというか、自分のことは自分でするのが偉いんだと言われることが多いのですが、人に相談したり頼るって悪くないなと思います。

頼られる方だって、ちょっと嬉しいなって思うことだってあるし、相談に答えているうちに自分の悩み事も解決できたりすることもあるので、どうしたって人って助け合いながら生きていくものなんだなと思いますよ。

Category:ライフスタイル | BlogTownTheme:指定なし

Posted by まるこ 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

September 21st, 2017 | 02:15

* 久しぶりに夫婦で映画館に出かけたら…

夫は、このご時世にヘビィスモーカーで、2時間程度タバコを我慢するのもツライというタイプ、さらに、私とは趣味が合わないため、普段は映画は一人で見に行っています。
先日、たまたま夫の仕事の休みと、映画料金が安いサービスデーが重なったため、ダメで元々と思いながら、夫を映画に誘ってみました。
平日、夫が仕事のときに、いつものように一人で見るつもりだった映画です。
パソコンで予告映像を見せると、思いがけなく、夫も興味を持ったようで、久しぶりに夫婦揃って映画館に出かけることになりました。

目当ての映画は、私たちの住む町の映画館では、あまり人が入らないのか、1日1回限りの上映、しかも朝9時という早い時間です。
せっかくのお休みに早起きさせるのは気が引けて、時間を確認した後、「やめる?」と聞いてみたのですが、「大丈夫、早くてちょうどいいんじゃない」と返されました。
確かに、サービスデーの休日、たまには映画を見に行こうと考えるのは、私たち夫婦に限ったことではないでしょう。
日中の動きやすい時間では、混雑するのは間違いありません。

当日は朝から雨、夫が仕事に出かける日と同じように早起きし、朝食を済ませて映画館に向かいました。
映画館に到着したのは午前8時45分、既に駐車場にはたくさんの車が停められていて、少々イヤな予感はしましたが、映画館の中に入ってみました。
すると、平日の空いている映画館しか知らない私にとっては、びっくりするくらいの混雑、いくらサービスデーとはいえ、雨が降る朝早くから、こんなに混むものかと、驚いてしまいました。

私たちが目当てとする映画は、時代劇の「花戦さ」、子供連れのお客さんが多いため、目的が違うのは分かりましたが、券売期やポップコーン売り場は共通なので、長蛇の列になっていました。
もう少し早く来れば良かった、並んでいるうちに上映が始まってしまうかも、と少々焦りましたが、なんとか無事に上映前に席に付けました。

「花戦さ」のスクリーンの前に集まったのは、ほとんどが中高年以上、座席もパラパラとしか埋まらず、混雑していたロビーが別世界のようでした。
ネコンは、いろいろな映画を選ぶ楽しみもあり、便利ですが、混雑するときには、やっぱり不便に感じます。

Category:ライフスタイル | BlogTownTheme:指定なし

Posted by まるこ 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

August 30th, 2017 | 17:09

* お菓子作りの最終目標

現在の朝ドラを毎日見ています。
パティシエになりたい少女が成長していく物語で、詳しいストーリーは割愛しますが、これがまた美味しそうなお菓子が次々と登場する、食欲をそそるドラマなのです。
このドラマのおかげで、私のお菓子作り欲を刺激されて、今まで忙しくてお休みしていた趣味のお菓子作りを再開しています。

このドラマは、フランス菓子の職人修業がメインテーマですが、私はそのドラマ以前にフランス菓子に興味を強く持っていて、フィナンシェやダコワーズなどの焼き菓子、ミルフィーユやフレジェなどの生菓子もよく作りました。

でも、本当に一番作りたかったのは、シューを積み重ねたクロカンブッシュ。
これは、フランスではウエディングケーキとして用いられるもので、大きさも大したもの。
いつも作るお菓子類は、食べてもらえるのは夫と、たまに遊びに来る友人くらいのものなので、あまりに大物のケーキ、しかも日持ちしないものを作ってしまうと、食べきれない恐れがあるのです。冷蔵庫にも入らないですしね。

私がこのクロカンブッシュに惹かれるのは、ただシュークリームやカスタードクリームが好きだからというだけではありません。
通常のケーキ屋さんには置いていない特別なお菓子だということと、作業工程上の難易度が高いということが、私の心を強烈に動かすのです。

私の結婚式は夏場だったので、自作でクロカンブッシュを作って披露することはできませんでしたが、誰か、これから結婚する人(腐敗の心配のない冬場にね)が、作らせてくれないだろうかと、今でも諦めきれずにいます。

Category:ライフスタイル | BlogTownTheme:指定なし

Posted by まるこ 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

August 22nd, 2017 | 17:06

* 絵のある暮らし?レンタル絵画?

絵のある暮らしは人の心を優雅にします。
普段アートの世界とは無縁という人も多い思いますが、気軽に絵を眺めたり飾ったりすることができれば、普段の生活をより潤いのあるものにできるのではないでしょうか。

そんな中、近年「レンタル絵画」なるものが注目を浴びています
レンタルCDやレンタルDVDのように、絵画までもがレンタルできる時代となったのです。
ギャラリーや画廊と言えば、絵画を高い値段で売っていて、一部の目利きの人間がそれを買っていくというイメージでした。
が、レンタルとなれば気軽に手を出しやすいですよね。画期的なサービスだと思います。
季節ごとに絵画を変えてみたり、部屋の模様替えと共に違うアートを飾ってみたりと柔軟性が受けているようすです。
また、作品も豊富で中には3万点以上もの中から好きな絵画を選びレンタルできるところもあるようです。
胎教にいいとクラシックを聴く妊婦さんや、生まれてきた赤ちゃんの知育の一環として音楽を取り入れる家庭も増えてきましたが、絵画もまたそのような効果が得られるのではないかと私は考えます。
芸術に触れ、感性を磨くこともまた胎教や知育にはとても意味のあることではないでしょうか。
小さい頃から様々な絵画に触れる機会を与えられた子は感性豊かな人間に育つのではないでしょうか。また次世代のアーティストとしての活躍にも期待がかかりますね。

また、絵画の取り付けサービスを行なっている会社もあるようです。
普段慣れない作業をサービスでしてくれるというのはなかなか助かります。利用しない手はないですね。
配送や絵画の交換等もスムーズにやってくれるようです。気軽に絵画を飾れる時代となった今、アーティスティックに生活してみてはいかがでしょうか。
このようなサービスは人の心を豊かにするという点から、医療現場や福祉の場にも利用され始めているようです。
身の回りの絵画、今までより少し注目してご覧になってみてください。

Category:ライフスタイル | BlogTownTheme:指定なし

Posted by まるこ 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

July 5th, 2017 | 16:37

* ランドセルは超早割でお得に購入

ランドセルの購入について情報収集を始めたのは、幼稚園の年長さんになった4月下旬です。
入学はあと1年も先のことだし、とのんびりしていたら、子供が通う幼稚園からランドセルのカタログを3冊ほど持ち帰ってきたのがきっかけです。
うちは男の子なので、女の子ほどランドセルの色やデザインのバリエーションも少なく、簡単に選べると思っていました。
近所の小学生の男の子のランドセルをそれとなく見ていると、やはりほとんどが黒、次にネイビー、ブルーという程度でしたが、デザインはそれなりにいろいろあるようでした。

もらってきたカタログを見ていると、男の子のランドセルにはシルバーやグリーンなどもありましたが、やっぱり使いやすいのは黒か紺かなと、黒とネイビーに絞って選び始めました。

値段も色々で、革よりもクラリーノが主流であることも初めて知りました。
私が子供の頃はクラリーノは耐久性がなかったものですが、最近のクラリーノは革と同じくらいの質だと知り、どちらにするか迷いましたが、実際手に取ってみてみないと分からないなと思い、お店に行くことにしました。
たまたまもらったカタログのお店が隣駅にあることを知り、5月の初めごろに行ってみることにしました。
私の母がランドセルを買ってくれるというので、その時子どもと母と一緒に気軽に見に行ってみたのですが、初めて入るランドセル専門店に子どもは大喜びでした。

既製品のほかにオーダーメイドもできたりと、親もワクワクしましたが、子どもは割とあっさりしたもので、パッと見て気に入った一つを背負って、「これにする!」と即決。

女の子のランドセルは、赤、チェリーピンク、ブラウン、水色、うす紫など様々なカラフルな色があって、見た目も華やかでしたが、男の子用のランドセルはというと、黒、ネイビー、ブルーくらいで数も少なかったので、逆に選びやすかったかもしれません。
子どもが決めたのは、革のネイビーの既製品のランドセルでした。私も一目見て気に入りました。
男の子の8割くらいは黒のランドセルだとお店の方がおっしゃっていたので、「みんなと同じ黒じゃなくていいの?」と何度も子供に確認しましたが、これがいいということだったので、この日に買うつもりはなかったのですが、その場で購入を決定しました。

お店の方も、ほかのお店も見てみなくていいんですか?という感じでしたので、普通はもっといろいろお店を見てから決めるようです。
母も買う気で来ていたので、ありがたく買ってもらうことにしました。
そのお店では、ランドセルを早い時期に買うと割引をするサービスをしていて、7月までは超早割の期間ということで、定価の3割引きくらいで購入できて良かったです。

早く買ったので届くのも早く、夏休みにはもう届いてしまい置き場に困りましたが、子どもは喜んで背負って見せてくれたので良かったです。
入学式の日はランドセルは不要ということだったので、別の日にスーツを着てランドセルを背負って、桜の木の下で記念写真を撮りました。

Category:ライフスタイル | BlogTownTheme:指定なし

Posted by まるこ 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲