まるこのブログ

ブログでいろいろな事を発信していきます。

友達リスト

Category : 車・バイク

November 11th, 2016 | 16:06

* 解体屋さんに故障車を買い取りして貰いました。

家の車が壊れました。自家用車を解体業者さんに買取してもらったお話です。
我が家の車は、もう15年落ち、20万キロオーバーのミニバンです。こまめにメンテナンスをしていたものの、大きな故障も何度かあり、そろそろ限界かなと感じていた時に事件が起こりました。走行中に今までにない大きな異音発生、何とか自宅に帰ったものの、日ごろお世話になっている修理工場の方に見てもらった結果は即答で「廃車だね。」でした。年式と走行距離から下取りや買取は期待できず、廃車の手続きをカーディーラーにお願いすると、結構な額の見積もりを渡されました。

私がそのとき思ったことは、郊外の道路やガソリンスタンドなどで見かける「廃車・不動車買取します」の看板です。車種別に1万円~などと金額が書かれているものが多いですが、果たして本当にお金がもらえるのか半信半疑でした。しかし、どうせ聞くだけならと思い、藁にもすがる思いで電話を掛けるとあっけないものでした。「その車種なら2万円だします。」即答でした。お金を払って処分してもらうものが、お金を貰えるなんてちょっと信じられませんでしたが、そのままお願いして後日、自宅に引き取りに来てもらいました。
後日、解体業者さんが自宅の駐車場まで来ましたが、トラックの荷台にはすでに一台車が乗っかっています。どうやって持っていくのかなと思ったら、その車間の上にドンでした。因みに業者さんが乗って来たのは、トラックの荷台にクレーンが付いた通称ユニックです。基本的にパーツに価値の無い古い車は鉄くず、スクラップとして使うので事故車とか、関係ないそうです。さらに冬シーズンのアルミホイールとかタイヤなどあれば買い取ると言われ別口で買い取ってもらい、合計で2万5千円になりました。

今回の、自家用車の処分のまとめです。解体業者はあくまで、車両の買取のみです。私の場合、ナンバーはその場で外して業者は車検証のコピーのみ持っていき、その他は陸運局で自分で廃車手続き等をしました。手続きは平日に時間が取れなければ、ディーラーなどにお願いすることもできます。この廃車手続きの時に自賠責保険や自動車税などが還付されることがあり、私はさらに1万5千円ほど戻ってきました。ある程度自分で調べて、色々なところに行く手間はありますが、自分でやるとお金なるのでやってみる価値は十分あると思います。

Category:車・バイク | BlogTownTheme:指定なし

Posted by まるこ 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲