まるこのブログ

ブログでいろいろな事を発信していきます。

友達リスト

Category : 住まい

March 3rd, 2017 | 17:43

* 遮熱塗料と断熱材を併用する効用

都市部の気温が郊外に比べて高くなるヒートアイランド現象が日本でも問題化しています。中でも東京は過去100年で平均気温が3度ほど上昇しています。熱帯夜の日数も40年間で2倍になりました。

このヒートアイランドの抑制効果が期待される素材の1つに遮熱塗料があります。太陽光を反射することで熱を溜めないという効果があることを、経済産業省でも認めヒートアイランド対策として期待しているのです。

遮熱塗料の効果については面白い実験が為されています。鉄筋コンクリート造のビルの屋上を、遮熱塗料のみ、断熱材のみ、遮熱塗料+断熱材、何もしないという4つのブロックに分け、夏から冬まで温度変化の模様を計測したものです。

結果は、遮熱塗料が屋上の表面から室内まで温度上昇を抑えることが確認され、ヒートアイランド現象の抑制に有効であることを示しました。
一方で、断熱材は室内の温度を下げる効果はあるものの、屋上の表面の温度は逆に高くなり、ヒートアイランドへの対策としては逆効果と分かりました。
ただし室内の温度を下げる効果は遮熱塗料と断熱材を併用する場合が最も高いので、エアコン等の使用を抑えることにつながれば、断熱材の使用がヒートアイランド対策に逆効果とは言えないかもしれません。それでも遮熱塗料を同時に使うことが必要と言えそうです。

ちなみに冬場の室温は遮熱塗料だけでは下がってしまいますが、断熱材と併用すれば最も高く保てることも示されました。
もっともっと詳しく知りたい方は下記の業者のホームページをご覧になってみて下さい。私の友人はその効果を知り、施工し、1年中、快適に暮らしてます。次は私が施工する番です。実際、どれほどの効果が現れるのか楽しみです。
http://www.380toko.com/

Category:住まい | BlogTownTheme:指定なし

Posted by まるこ 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

November 29th, 2016 | 04:54

* 比べてみました!人気の街恵比寿と吉祥寺

お天気がよかったので吉祥寺散策に行って参りました!
常に東京都住みたい街ランキングの上位に入っている吉祥寺ですが、最近は渋谷区の恵比寿に押され気味なんですよね。
わたしはタイムリーなことに恵比寿に3年ほど住んだ後、最近杉並区に引っ越したので両方の街を独自目線で比較評価してみたいと思います。
確かに恵比寿に住んでいる時は職場が近かったこともあり、全てのことを恵比寿近辺で済ませていました。

今杉並区に移って思うことはただ一つ。恵比寿は一般ピープルの生活する場ではなかったということでございます。
同じ東京なのに明らかに物価が違います。特に気軽にあー今日は疲れたから外食にしよっ。と立ち寄れるお店が少なかったことに引っ越して気付きました。
吉祥寺はストリートブランドのお店やデパートも揃っていて、商店街や飲食店がよりどりみどりで暮らしやすそうです。
恵比寿にも恵比寿横町がありますが、吉祥寺のハーモニカ横町の充実度には劣ってしまいますね。
ここにこないと食べられない、並んでも食べたい!と思えるような隠れた名店が多いように感じました。
恵比寿も名店揃いですが、大金払ってでも行きたい!という感じですね。

実際商店街のど真ん中で長蛇の列をなしているお肉やさんのメンチカツを食べてみましたが、すごく美味しくて名物といっていいでしょう!
お値段も手頃なのでおうちにお持ち帰りしたりできるので生活に楽しみができそうです。
土日の込み具合はやはり恵比寿のカフェはどこに行っても込み合っていて座れないことが多いですが、吉祥寺はお店自体の面積が大きいところが多いように見受けられました。

道路わきに作られたベンチなどに腰掛けて一休みできたりもできるのでいいと思います。
吉祥寺は駅から少し離れた場所だと子供向けのイベントやマーケットなどをやっている時もあるみたいで、土地柄余裕スペースを感じることができました。
一つ言えることはデパート内や路面にある同じお店でも取り揃えられている服のかんじがやはりちょっと地元っぽい感じで、恵比寿の方が渋谷や代官山が近いこともあり、洗練されたアイテムが手に入るな。と思いました。

Category:住まい | BlogTownTheme:指定なし

Posted by まるこ 公開:すべてに | Comment(1)

Page Top ▲

November 23rd, 2016 | 04:51

* 母親の提案で発電機を購入してみました

母親が突然発電機をほしいといい出してちょっとした家族会議になりました。
今まで母親が購入したもので当たりがなかったというものありますが、発電機の値段が高価なものだから使い道についての話し合いです。
最初はもちろんみんながどうかなとなる部分もあったのですが、最終的には近所のホームセンターで購入することが決まったんです。
後々に発電機の修理のことなども考えて近くで購入しました。
こうしたものって日常的に使うものではないかもしれません。

しかし、一般家庭だからこそ持っていれば便利で大活躍をした、ということも珍しくはないため、母親の考えに従うことにしました。
やっぱり家庭を守りたい気持ちもあるだろうし、思いやりが大事というのも理解できます。
何かあった時にはまず国に頼るよりも自分でなんとかしなければいけないサバイバル的な部分がありますから、乗り切ることが大事なのではないでしょうか。
一応、田舎なので庭においてもいいのですが、雨ざらしになってしまうと劣化が気になります。
小屋があっても狭いので保管場所をどうしようかというのが悩みどころです。

やはり機械類ですから定期的に点検をしたり、動かした方が調子はよいでしょう。
それに、メンテナンスがしっかりしていないと使いたい時に動かなかった、ということにもなりかねません。
まあそこらへんは機械類に詳しい父親がいるので問題ないです。
これをきっかけに発電にも興味を持ち、電力の仕組み地球環境にも配慮した生活を送ることにできたらいいなと思っています。

Category:住まい | BlogTownTheme:指定なし

Posted by まるこ 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

October 14th, 2016 | 00:17

* 台風による雨漏りでDIYのフローリング

4年前から親戚に借りている我が家は推定約築80年です。昔の造りで柱も斜めに歪んでいるように見えます。
そんな我が家に昨年起こった悲劇が大型台風直撃という泣きたくなるような事実。

あまりに揺れるもので、ボロイ我が家は崩壊するんじゃないかと非難するほどでした。
翌朝、台風が落ち着いて戻ってみると部屋は水浸しでした。どうやら瓦の屋根が飛んでしまって激しい雨漏りがあったようです。
知り合いの大工さんに連絡して、応急処置でブルーシートを張ってもらって、何とか雨はしのげましたが、畳はびしょびしょで使い物にならずひどい有様でした。

市内でも台風被害が多く、市役所側がゴミを収集してくれていたので、畳と割れた瓦を搬出しました。遠方から主人の兄弟も駆けつけてくれたので片づけ自体はスムーズに進みました。しかし、畳がないので新しく張り替えるのもかなりお金がかかります。近い将来引っ越しを考えていたので、あまりお金はかけたくなかったのです。
家主の親戚も「どうせ取り壊す予定だから、好きに使ってくれていい」と言ってくれていたので、思い切ってDIYでフローリング調にすることを決意しました。

インターネットで調べてから、ホームセンターで塗料と桟木とコンパネを、インターネットでフローリングマットを購入しました。
桟木を35cm間隔で並べて敷居と高さが合うように調整しました。ねじで固定して、さらにコンパネを上からネジで固定してという作業をしていましたが、何せ古い家ですから…。柱が斜めに歪んで見える家ですから…。
初めて部屋が長方形でも正方形でもないことに気づきました。
本来ならきっちり測った長さで会うはずなのに…。せっかくホームセンターでサイズに合うようにコンパネも桟木もカットしてもらったにも拘らず、微妙にずれていた時の絶望感は言葉では言い表せないほどです。

なんとか自分たちで無理やりコンパネを押し込んで形になりました。次にフローリングマットを敷いていきます。
フローリングマット用の糊を使って貼り付けたら間違いないのでしょうが、素人には難しそう…。
そこで、100均で購入したタッカーを使用しました。タッカーとは大きなホッチキスのようなものです。
マットを少しはみ出るように広げて端から等間隔でタッカーで止めていくだけと意外と簡単です。少し張りの後は見えますが、遠目でみると気にならないので私の中では許容範囲内でした。後ははみ出た部分をカッターナイフと定規を使ってきれいにカットすれば出来上がりです。

畳の部屋よりフローリングの方が使い勝手が良かったので、今回はフローリングにしました。
コンパネも1枚800円程度、桟木が5本セットで400円くらいを3束くらい使ったので畳を新しく敷直すより安くついたのではないかと思っています。
8畳の部屋だけを試しにしてみましたが、万が一、皆様も同じような事態に陥ってしまったら試してみてはいかがでしょう?

Category:住まい | BlogTownTheme:指定なし

Posted by まるこ 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲