リスクの低い投資取引

アービトラージ取引

友達リスト

April 20th, 2017 | 20:34

* アービトラージ取引

裁定取引はアービトラージ取引とも呼ばれており、機関投資家なども利用する投資のリスクの低い投資取引の方法であるとされています。投資についてさらに詳しくは、ボラティリティ.comをご覧ください。

この裁定取引を行うためには、大きな資金投入が必要であったり、この裁定取引が行えるような相場状況を見つけ出す情報力、相場に対する専門的な知識力、市場取引に対する深い経験などが求められることとなり、この裁定取引を専門に行っている市場参加者も存在しており、こうした中においてこの裁定取引を成立させることは、難しい事とされています。
しかしながら、この裁定取引を行えればリスクを低くして取引を行うことができるために、多くの投資家などがこの裁定取引を行うことに挑戦をしているのです。

裁定取引を行うためには、一つの取引の銘柄について、これを取り扱っている二つの市場などがある事が前提条件としてあり、さらにこの銘柄の価格が、それぞれの市場によって違っているという状態がそろうことによって行えるものになります。

こうした状況にある銘柄は、その価格が離れている状態にあっても、売買取引による需要と供給の原理によって、その価格が一定の位置に推移していき、やがて一致することになります。
裁定取引では、こうした市場取引の特性を利用して、本来は一致しているはずである同じ銘柄の価格が、なにかしらのゆがみによって乖離してしまっている状態を見つけ、それぞれの市場の銘柄に対して同時に注文を行うことによって、そこから利益を出していこうというものになるのです。

この時に銘柄に対して行う注文は、相場に対して割安な価格のついている銘柄に対しては新規の買い注文を行い、また相場に対して割高な価格のついている銘柄に対しては新規の売り注文を行うことになります。

こうして銘柄を保有し、乖離していた銘柄の価格が一致した場合には、新規の買い注文を行った銘柄には売り注文で決済をして確定をし、売り注文を行った銘柄に対しては買い注文で決済して確定をします。
こうすることにより、それぞれに損失と利益が出ることになりますので、この二つを合算することによってそこから利益を取り出すことができるのです。


例えば、ここにそれぞれ違う相場にて取引が行われている一つの銘柄があるとした場合、Aの相場においては1000円の価格を付けており、もう一つのB相場では1100円の価格を付けているとします。
この際に割安の価格を付けているA相場の銘柄に対して買い注文を行い、B相場の銘柄に対しては売り注文を行います。

このまま二つの市場の相場の推移を待ち、その価格が適性の値段で一致した時点で、買い注文からおこなったA相場の銘柄に対しては売り注文を、また売り注文から入ったB相場の銘柄に対しては買い注文を行い、それぞれの注文を決済して確定します。

これにより銘柄に相場価格が一致するために、両方の決済に対する戻し値は同じとなりこれを相殺することによって、1000円と1100円の差幅である100円が利益という事になるのです。

Category:None | BlogTownTheme:指定なし

Posted by kenshingtora3413 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲