インデックスファンドとETF、どっちいい?

どちらにもメリットとデメリットがあります。簡単にいうと、投信は積立に向いていて、ETFは長期保有に最適ですね。

友達リスト

April 22nd, 2014 | 04:53

* びくドンのハンバーグとWiMAXについて

今日の晩ご飯はびっくりドンキーのハンバーグでした。ストレートでベタッとした感じの味だけど、たまに無性に食べたくなる…それがびっくりドンキークオリティ。

今回はチーズバーグの300gにしました。そしてシーハーハーサラダも。食前に野菜を食べることで血糖値の上昇がゆるやかになるという話を聞いて以来、サラダは頼めたら頼むようにしています。高カロリーのものを食べるから焼き石に水かもしれませんが、気休めは大事。

ソースも頼んで、最初に半分はかけます。減ってきたところでもう半分。このソースがないとね。びっくりドンキーのハンバーグはこのソースが決め手です。味は濃くて子ども向けだけど、それがいいのです。

今日のお店はちょっと電波がわるかったけど、それは気になりません。なぜならWiMAXがあるから。自前のモバイルルーターさえあれば、だいたいどこでても快適にネットを楽しめます。

ちなみに、WiMAXは速度制限がないのね本当におすすめ。プロバイダがキャッシュバックキャンペーンなどしてるうちに、早めに契約するのが吉でしょう。

参考 : WiMAXの価格を徹底比較!お得なプロバイダはココ

というわけで、今日もたくさんご馳走さま。ダイエットは明日からがんばります。…たぶん。

Category:運用と日記 | BlogTownTheme:日記

Posted by イツル 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

March 28th, 2014 | 19:57

* WiMAXで節約してファンド積立額を増やす

最近、投資信託への資金流入が続いているそうです。その理由は、今年から税制改正ではじまったNISAによる重要増です。

証券優遇税制が廃止され、NISAこと少額投資非課税制度がはじまりましたが、株式型の投信もその対象となっており、特に日本株に投資するインデックスファンドに資金がよく集まっているとのことです。

インデックスファンドに資金が集まるのは良いことですが、NISAで使えるお金は年間100万円までと決まっています。ふだんインデックス投信になじみのない投資家が大量に買った場合、その値動きの遅さに耐えられなかったり、相場の軟調時にすぐに手放してしまったりという可能性が考えられるので、手放しで喜べる状況でもないと思います。

それはさておき、春になって新たな気分で投資をはじめようと考えていたら、WiMAXというものを知りました。これは投資には関係なく、インターネット関連の話です。WiMAXとは、モバイルデータ通信のひとつで、速度制限がないサービスです。

自分で購入したりプロバイダとの契約時に手に入ったりするルーターを常に持ち歩けば、スマートフォンやタブレットなどを家でも外でも高速回線につなげることができます。

デイトレードやFXをやる場合は重宝しますが、インデックス投資家には関係ないものかもしれません。しかし、固定回線をやめてWiMAXに一本化するなどすれば、節約になります。そうすれば毎月のファンドへの積立金額を増やせるかもしれません。

WiMAXのお試し」などのサイトにあるように、自分の自宅やいつもの外出先で高速ネットにつながるのかどうか、少しの期間試せる制度もあるようです。ルーターをレンタルできるようです。

インデックスファンドへの積み立てを増やすことは、たとえ月々数千円でも、長い目で見ればかなりの効果を発揮する可能性があります。ぜひ、WiMAXに興味がある方は調べてみてください。

Category:運用と日記 | BlogTownTheme:パソコン

Posted by イツル 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

December 31st, 2013 | 01:19

* 金融緩和縮小とスワップ金利回復傾向!?

世界的な不景気の流れから経済は停滞し、アメリカや日本の金融政策に代表される金融緩和がいっとき市場を支配していました。日本では「異次元の金融緩和」なるものがおこなわれたし、アメリカでも金融緩和縮小とはいっても、依然として高額の債券購入という政策自体は変わっていません。

しかし、アメリカ経済の各種指標の改善や、日本のアベノミクスなどの流れの中で、少しずつ市場も前向きになってきたのか、為替は円安が進み、FXのスワップ金利も一時の流行時ほどではないにせよ回復してきているようです。

安倍首相が「バイ マイ アベノミクス」と言ったときには笑ってしまいましたが、虚にせよ実にせよ、経済が何らかのキッカケで回復していくというのであればそれは喜ばしいことですね。実際、経済なんて完全にコントロールできるわけではないし、タレブのブラックスワンのようなこともありますから、いちいち気にしすぎても仕方ないでしょう。

まあ、国民がそこまで経済に振り回されながらもどうすることもできないでいる中でも、当局者はない知恵を絞ってなんとか好転させようとがんばっているはずだし、その姿勢を続けないことには景気が回復することはないのでしょうけど…。

さて、大晦日ですね。久しぶりのブログ投稿となりましたが、これからも経済について考え、インデックスファンドやETFについて調べていこうと思います。今年はありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

Category:運用と日記 | BlogTownTheme:ビジネス

Posted by イツル 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

June 4th, 2009 | 05:37

* ユーロの両替手数料を考えられる身分がうらやましい

わたしは旅が好きなのですが、先立つものがないのでなかなかどこにも行けません。

資産運用をしていても、それを使うのは当分先であり、そして何か幸運でもない限り使途がすでに決まっているようなものなので、なにか別口で用意しなければいけないと考えているのですが、なかなか貯まりません。

先日、友人達がユーロ圏への旅行を計画していて、その中でユーロの両替手数料はFX会社が安いとか、あそこ行こうどこ行こうなどと言っていました。

いや、うらやましいわけではないのです。

いや、正直言って、うらやましいのです(アレ?)。

なんか、当人達に恨み節をぶつけるのもアレなので、ここに書きました。まあたまにはグチもいいよねってことで。資産運用は平常心が大切なので、この問題(?)はこれにて終わりにしようと思います。ちょっとスッキリ。

Category:運用と日記 | BlogTownTheme:ビジネス

Posted by イツル 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

March 22nd, 2009 | 03:51

* 海外ETFの日本市場への上場はいつ?

海外ETFの大手として有名なiシェアーズを運営している英バークレイズが危機に瀕していて、利益が出ていて成長も続けているiシェアーズ部門の売却を検討しているそうですが、バンガードは元気なようです。

なんでも、オーストラリアの市場に同社が運用するETFを上場するそうです。豪州市場いいな〜という気持ちとともに、いつになったら日本にも上場されるのだろうという疑問というか焦りというか怒りのようなものもムクムクと。

日本のマーケットのほうがかなり大きいと思うのですが、どうしてなんでしょうね?やっぱり抵抗勢力があるのかなあ、なんて邪推してしまいます。

なんにせよ、日本の株式市場がもっと効率的で魅力の高いものになることを望みます。まあ、あまり効率的になっても、バリュー投資家にとっては良くないことも多いのかもしれませんが。

Category:運用と日記 | BlogTownTheme:ビジネス

Posted by イツル 公開:すべてに | Comment(19)

Page Top ▲