ビルボードと歩んだ40年

ビルボードのチャートを追いかけて40年になりました。
私が聴いた心に残る名曲を綴ります。

友達リスト

July 30th, 2013

* 1974年の出来事

1974年10月26日、トランジスタラジオから湯川れい子さんの声が聞こえてきました。

当時は洋楽の番組はほとんどなくて、音楽の情報はラジオからでした。

私は九州の田舎生まれで、民放ラジオも雑音が入る場所でしたが、夜になると遠くの放送が聞こえてきたんです。

時間帯で雑音が大きくなったりしましたが、家の中の感度のいいところをうろうろして聞いていました。

いつも聞いている地元の放送局にチューニングをしていた時、この湯川さんの声が聞こえて、思わずチューニングを止めました。

その声は「アメリカンTOP40」と言っていました。そのあとにケーシーケースンの流暢な英語が続いて流れてきたんです。

これが私とビルボードの運命的な出会いでした。

それまでに、ビルボード誌があるのは知っていて、日本の音楽番組で、この曲は全米でNO1になりましたなどとDJさんが言っていましたが、まさかこのチャート番組をラジオで聴けるとは夢にも思っていませんでした。

それから、このラジオ関東の「アメリカンTOP40」を夢中で聴き始めたんです。

私にとっては、歴史的な大事件でありました。 ・・・次回に続く

Category:音楽 | BlogTownTheme:音楽

Posted by いきじびき at 18:34 公開:すべてに | Comment(0)

COMMENT

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントは反映されません。

下の画像に表示されている番号をご入力下さい。
 

Page Top ▲