人気アクセサリ

人気アクセサリ、ファッション情報の共有

January 18th, 2015

* モノグラムが生まれてからざっと80年後の1970年代の終わり頃

世界のルイヴィトンが小さな島国である日本に本気で参入したのは、モノグラムが生まれてからざっと80年後の1970年代の終わり頃。日本の支店ができたのです。

洋服やバッグといったファッションアイテムは、生地のクオリティ次第でその価値がとても異なってきます。しかし高級ブランドは、一切妥協することなく良い生地を使用しています。何万円というお金を使ってブランドの品を買うことの意味は、ブランドにあるイメージや歴史的価値に投資している、とも言えるのだ。高級なブランド品のバッグや財布などは、若い女のコ向けのブランドより非常に値段が高く、手に入れるのが大変なのですが、だからこそつい欲しくなってしまう魅惑的なものです。

東洋の島国・日本だけで年に1500億円以上という売上げの数字もさることながら、そのデザイン性の優美さやユーザビリティから、全世界で愛されているフランスが誇る高級ブランドがルイヴィトン。

オークションやネット通販でのシャネルのバッグの売値は、新しい商品の定価とアウトレット品もしくは中古のバッグの実売価格とではいかほど違いがあるのでしょうか?そのブランドの発祥の国に行って買うのがベストです。グッチはかなり価格もタイプが多いため、選ぶ余地も多くなるでしょう。ルイヴィトンは100年以上もの歴史を持っているだけでなく、それほど長きにわたってハイブランドとしてのプライドを持ちつつ、高品質のブームを発表し続けてきたことに異論はない。

日常生活の中で気を遣わずに使用できるショルダーバッグということでよく選ばれているフランスのブランド、Chloeの「パディントン」は、黒色に代表されるショルダーバッグです。

Category:None | BlogTownTheme:指定なし

Posted by hadanoka at 19:07 公開:すべてに | Comment(0)

COMMENT

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントは反映されません。

下の画像に表示されている番号をご入力下さい。
 

Page Top ▲