True Health & True Wealth

健康、時間、そして経済的自由なライフ・スタイル確立を目指す人をサポートします

友達リスト

Category : entertainment

March 22nd, 2006 | 19:21

* 『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章』

劇場公開アニメ最新作「新救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章」がついに公開!

聖帝十字陵でのケンシロウvsサウザーの伝説の名対決は劇場で必見!

阿部寛の怪鳥音も会心のものとなっている。さらに抜群の迫力の宇梶剛士の大号令!

これまで語られることのなかった覇業を圧し進めるラオウの心の根底が明らかに。

新キャラレイナと柴咲コウがこの映画のキーとなる。

このスペクタクルをその目に焼き付けて欲しい!



映画公式HPはここをクリック

Category:entertainment | BlogTownTheme:映画

Posted by gotfreedom 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

March 11th, 2006 | 17:27

* D−51''2GETHER''

D-51は2005年の10月にリリースした5枚目のシングルで、映画(東宝系「ALWAYS 三丁目の夕日」)にインスパイアされ、普遍的な愛をテーマに静かに熱いバラードを生み出しました。そこで歌われているのは、世代を越えて伝わって行くさまざまな愛、親と子の愛、男と女の愛、そして近くで暮らす人どおしの愛といった、さまざまな愛の在りようを括ったものでした。とても大きなテーマを肌身に捉えてカタチにした「ALWAYS」は、D-51にとっての新しい一歩でもありました。思い返せばサード・シングル「NO MORE CRY」では、爽やかな愚直とでもいうべき懸命さを前面に押し出して力強く歌い、広い世代に訴えかけました。「ALWAYS」はそんなスタンダードなスタイルやスピリッツを持つデュオが、その先に到達した境地だったのではないでしょうか。映画「ALWAYS 三丁目の夕日」を見終わった人たちから、「ストーリーとシンクロする歌のメッセージを深く印象付けられた」という声を多く耳にしました。
 
スケールの大きな曲を歌いつつ、もう一方でD-51のふたりは沖縄在住の飾り気のない青年であることに変わりはなく、ともすれば他のシンガーが歌わないようなとてもとても身近な出来事も歌えてしまうのです。そんな「ALWAYS」とは対極にある作風でも、気負いなくコトバにしてケレンミなく歌ってしまうのがD-51の良さでもあり、そんな2方向の楽曲を「いっしょに」収録したのが3月15日にリリースされるセカンド・アルバム「2GETHER」です。
 
昨年の7月にリリースした4thシングル「ハイビスカス」で登場する、ちょっとアキバ系の内気な青年のD-51も、愛を熱く説いてしまう年齢を超えた存在としてのD-51も、そしてあくまで沖縄在住・フツーの20代・元ちょい悪ガキのD-51も、無理なく共存させて歌えてしまう、それってとても稀なこと(もしくはある意味大胆なこと)だと思います。そんな多種チャンプルーな歌が、ほかにふたつとないふたりのヴォーカルに乗ることでひとつの世界になってしまう「TOGETHER感」こそがD-51スタイルなのでしょう。そしてそれは、現在も沖縄にはぐくまれて生きるという、素朴で伸びやかなふたりの時間から生み出されていると思えるのです。

試聴はこちらから: http://music.ponycanyon.co.jp/pickup/pcca02551/

Category:entertainment | BlogTownTheme:音楽

Posted by gotfreedom 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

February 16th, 2006 | 07:15

* 全米、カンヌ映画祭大絶賛!本年度アカデミー賞最有力!、『ヒストリー・オブ・バイオレンス』

"私の愛する夫、私の愛する家族・・・。あなたは私の最高の人。"

 アメリカ、インディアナ州ミルブルックの小さな町の田舎町で、トム・ストール(ヴィゴ・モーテンセン)と弁護士の妻エディ(マリア・ベロ)は、2人の子供たちと一緒に幸せで静かな生活を送っていた。夫は"STALL'S DINER"という自身のお店を経営し、妻ともいまだに仲むつまじく、愛に満ちた幸せな暮らしであった。だが、ある夜、夫のダイナーが二人組の強盗に襲われることからすべては始まった。閉店間際に店に入ってきた男二人は、閉店を伝えるトムに対して強い口調で注文し、銃を突きつけた。危険を察知したトムは強盗の一瞬の隙をついて銃を奪い取り、起死回生の正当防衛で、店の客や友人たちを救うのだった。

"幸せに静かに暮らしていたはずだった。夫がヒーローになる前は・・・"

 人々を救い、ヒーローとして歓迎されたトムの生活は一夜にして変わり、国内のメディアの注目を浴びてしまう。その騒ぎに居心地の悪さを感じるトムだったが、妻や家族は彼のとった行動を誇りに思っていた。そして、またいつも通りの家族の静かな生活に戻るはずだった。
 数日後、ニュースの影響で大繁盛の店に、威圧的な男たちが現れた。その一人、目がえぐれたフォガティ(エド・ハリス)は、昔の知人であるかのように夫に話しかけ始めた。トムのことをジョーイと呼んで・・・。

"夫はあなたのことなんか知らない、家族に近寄らないで"

 夫は否定し、フォガティを店から追い返したが、夫の過去を知ると言う突然の謎めいた訪問者の出現で、不安にかられる妻エディ。その日から、男たちは家族に執拗に付きまとい始めた。家族に迫る脅威に怯えるエディはフォガティに家族から離れるように言うが、夫の過去を知っていると繰り返すフォガティは彼女に言い放つ。"オレは奴を知っている。なぜ、あんなにも人を殺すのがうまいのか、ジョーイに聞いてみろ"。

"お願い、真実を話して・・・"

 心から夫を愛し、信頼はしているものの、信頼と不安の間で揺れ始める妻。ついに家族に危険が迫ったとき、愛と信頼に満ちた幸せな暮らしが、徐々に壊れ始めていく・・・。幸福と暴力が対立し、妻の愛は究極の選択を迫られていく・・・。

"あなたは私が愛したトムではないの? あなたは本当に今まで何人もの人を殺してきたの?"

< 続きを読む

Category:entertainment | BlogTownTheme:映画

Posted by gotfreedom 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

February 10th, 2006 | 22:48

* 近未来SFアクション超大作『イーオン・フラックス』!

西暦2015年、謎のウイルスにより人類の98%が死滅。
400年後、かろうじて生き延びた人類をワクチンの恐るべき
副作用が滅亡の危機へと追い込んでいく・・・。
アカデミー賞最優秀主演女優賞受賞のシャーリーズ・セロン主演最新作!
究極の近未来SFアクション超大作ついに登場!

 2015年、品質改良を重ねた穀物から発生したウイルスにより、人類の98%が死滅。
 科学者トレバー・グッドチャイルドの開発したワクチンによりかろうじて人類は滅亡の危機を回避できた。
以降、人類は汚染された外界と壁で隔てた都市ブレーニャで、救世主の子孫トレバー8世を君主に、トレバーの弟オーレンと科学者たちで成り立つ政府に厳しく律されながら暮らしている。そんな中、反政府組織「モニカン」は地下活動を着実に進めていた。かつて、たった1人の妹の命を政府に奪われ、その政府に激しい憎悪をもつイーオン・フラックス(シャーリーズ・セロン)も「モニカン」の優秀な戦士の1人。ある日イーオンに、いよいよ君主暗殺の指令が組織より下る。しかし、トレバーに銃口を向けたまさにその瞬間、イーオンの脳裏に、敵であるはずの君主トレバーとの一片の愛の記憶が蘇る。混乱するイーオンは撃てないまま、トレバーの右腕フレイヤに捕まってしまう。
果たして、イーオンとトレバーの真の関係とは?
 ワクチンの副作用とは何なのか? トレバーの行っている極秘の研究の実態が今明らかになる。

公式HP:http://www.aeonflux.jp/

公開日: 2006年3月11日 全国東宝洋画系拡大ロードショーィーオンフラックス

Category:entertainment | BlogTownTheme:映画

Posted by gotfreedom 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

January 20th, 2006 | 10:04

* 「ミリオンダラーベイビー」の監督ポール・ハギスが贈る「クラッシュ」

クリスマスも間近のロサンゼルス、24時
ハイウェイで起きたたった一件の自動車事故が
思いもよらない“衝突”の連鎖を生み出し
さまざまな人の運命を狂わせていく

刑事たち、自動車強盗、地方検事とその妻
TVディレクター、鍵屋とその娘、病院の受付嬢
雑貨屋の主人……。さまざまな階層の
さまざまな人種の登場人物たちは
予想もしない角度で交錯しながら愛を交わし
憎しみをぶつけ合い、悲しみの淵に立たされる

ロサンゼルスの36時間のなかで沸騰する
彼らの怒り、悲しみ、喜び。人はみな、傷つけ
傷つけられることを恐れながら生きている
それでも人は、誰かと思いを分かち合い
つながっていなければ生きていけない

『クラッシュ』は“天使の街”ロサンゼルスの寓話であるとともに
現代を生きる私たち自身の物語でもあるのだ
 
この映画のシナリオに、ハリウッドの大スターたちが出演を熱望
2005年5月に全米で公開されると同時に圧倒的な好評を博し
ロングランヒットとなった

仏ドーヴィル映画祭でもグランプリを獲得するなど
話題沸騰の作品である。

日本では2006年2月11日より、シャンテシネ他にて全国順次公開予定
詳しくはこちらをご覧下さい

公式ホームページ
http://www.crash-movie.jpcrash_1

Category:entertainment | BlogTownTheme:映画

Posted by gotfreedom 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲