スポーツのトピック

スポーツに関するいろいろな話題を紹介

友達リスト

April 18th, 2017 | 17:18

* くせ毛の原因

くせ毛だと髪をセットするのも一苦労ですよね。このくせ毛は、遺伝によって起こる可能性が非常に高いため、親がくせ毛だと、その子供もかなり高い確率でくせ毛になってしまいます。


また、くせ毛は日本人だけでなく、世界中の人が持っている髪の質で、それぞれの地域によってくせ毛のタイプが異なっております。


くせ毛は、髪の毛の中のタンパク質の結合が崩れて、タンパク質繊維が均等になっていない状態です。


髪の毛には、中心にメデュラという髄質があり、その周りを、コルテックスという皮質が取り囲んでおり、この層が髪の毛の内部のほとんどを占めて髪の質を左右します。


コルテックスの中には、柔らかい繊維状のタンパク質と硬い繊維状のタンパク質が詰まっていて縦に繋がっておりますが、これらの繊維状のタンパク質が均等に繋がっていると直毛、偏って繋がっていると、くせ毛になります。


こうしたくせ毛が生えるのは毛穴の形に原因があります。毛穴の形がゆがんでいると、髪の毛は曲がって生えてきてしまうので、髪の内部でタンパク質が不均等になり、くせ毛になるのです。


男性の薄毛のタイプ

Category:育毛 | BlogTownTheme:指定なし

Posted by privres 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

April 10th, 2017 | 13:43

* 結露を減らして快適な生活

冬、朝起きたとき窓を見ると結露がびっしり。そして、日が当たってくるとビショビショで畳まで濡れて来る。このように、寒い季節に多く発生するのが、窓の結露です。

これを面倒だからと放っておくと、住まいを傷める上に、カビやダニの発生源となって健康に害を与える可能性もあります。


この厄介な結露の原因は、なんと言っても、室内と外との気温差にあります。窓は住まいの中で最も熱の出入りが多く、 外気の影響を受けやすい場所なのです。


外気温が下がると、まず窓を通じて室内側の空気が冷やされるため、空気中の水蒸気が水となって結露が発生するのです。つまり、結露対策に窓の断熱化は不可欠ということなのです。


そこで注目したいのが、エコ内窓『プラマードU』です。これは、今ある窓の内側の木枠に、断熱性の高い樹脂サッシを取り付けるというもの。

断熱性がアルミの約1,000分の1という樹脂と、既存の窓と内窓の間に生まれる空気層によって、窓周辺の断熱性を飛躍的に高めることができるのです。


リフォームと聞くと大がかりに思いがちですが、工事にかかる時間はひとつの窓につき約1時間と非常に手軽。 もちろん、マンションでも部屋の内側なら個人で管理する「専有部分」なので、取り付け可能です。ただし、管理規約はマンションごとに異なるので、事前に確認しておきましょう。


フォトフェイシャルの効果は?

Category:生活 | BlogTownTheme:指定なし

Posted by privres 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

February 14th, 2017 | 18:19

* なぜ体が臭くなるの?

特に汗を良くかく夏は体臭が気になるものです。でも、それ以外の時は、意外と自分の体臭は気づかないものです。


これは、人間が本来もっている防衛本能だと言われており、周囲の危険なニオイを俊敏に察知するため、自分の体臭には、自分では気づきにくいようにできているのだそうです。


体臭は清潔にすればなくなるものではありません。遺伝性、先天的な疾患による臭いもあるのです。


また、汗をかかないと、逆に体臭はきつくなります。特に、夏、エアコンの効いた部屋に長時間いると、汗をかくことはないため、汗腺が働かず機能が低下してしまいます。


そうすると、汗腺に皮膚の汚いものや、古い皮膚が溜まってしまう事になります。このため、夏に適度な汗をかいていないと、冬に体臭がきつくなるのです。


一方、日常的に運動を続けていると、汗腺が発達するため、体内でミネラルが発生しても、それを血液中に戻して、ミネラルが含まれないさらっとした汗をかくことができます。


日頃から運動不足の人は、汗腺が発達していないため、汗にミネラルが入り込んでしまい、それが、ミネラル入りの汗となって臭いの原因となります。


足の臭いの原因と対策

Category:健康 | BlogTownTheme:指定なし

Posted by privres 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

January 30th, 2017 | 14:01

* 乾燥肌と敏感肌のケア

乾燥肌や敏感肌のケアで特に注意すべきことは、皮膚(肌)を清潔に保つことと、保湿をしっかり行うことにつきます。このため、入浴、冬場の乾燥、過労やストレス、食事などが大切になってきます。


皮膚の表面を清潔に保つのは、スキンケアの基本です。もし、皮膚の汚れや汗をそのまま放置しておくと、皮膚に存在する細菌である皮膚常在菌や紫外線などによって刺激物に変化してしまいますので、入浴によって、これを出来るだけ早く洗い落とすことによって、かゆみや乾燥肌にならないようにすることができます。



洗浄剤はお肌にやさしく、うるおうタイプを選ぶことが大切ですが、いくら良い洗浄剤を使っても、ナイロンタオルやボディブラシでゴシゴシ擦ったのでは意味がありません。



洗浄剤をスポンジにとって十分泡立て、その泡を手にとって手で洗いましょう。タオルやスポンジは、やわらかい素材のものを選び、軽くもみ込むようにし泡立ててから洗います。



皮膚は外気の影響を受けやすいのですが、特に、冬の乾燥する季節は、カサカサの状態になりますので、この時期のスキンケアは大切です。室内では、加湿器などを使った保湿を心がけましょう。



過労やストレスは自律神経を不安定にし、血行の悪化や腸の働きを低下させ、肌のトラブルを招きやすくなります。



また、ホルモンのバランスが崩れて新陳代謝が悪くなってターンオーバーも影響します。休日はゆっくりと休み、ストレスを発散して乾燥肌を予防しましょう。



乾燥でカサカサした場合は、発汗を促すため、少し辛いものや温かいものを食べましょう。そうすると、肌の新陳代謝が良くなります。


化粧品とは?

Category:美容 | BlogTownTheme:指定なし

Posted by privres 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

January 25th, 2017 | 16:23

* ビタミンAとアンチエイジング

ビタミンAは、体のサビを作る活性酸素を減らすとともに、炎症を防いだり、皮膚や粘膜を強化したり、あるいは、目の疲れを改善することで知られています。



肌に対しては、ニキビや肌荒れの改善、皮膚の細胞分裂を活発にして肌代謝の遅れの改善やキメを整える働きがあります。このため、医療用としてニキビ治療や肌老化の治療薬にも含まれております。



年齢を重ねるにしたがい、活性酸素が発生して体にサビを作ります。これを早めに除去するは、ビタミンAは重要な成分なのです。



ビタミンAの美肌効果を高めるために開発されたレチノイン酸は、ビタミンAよりも老化肌トラブルへの改善効果が高いため、より効果的にシミ、シワ、毛穴、ニキビ跡を目立たなくするだけでなく、皮脂の分泌を抑制してオイリー肌のテカリなどを改善します。


野菜に含まれているビタミンAはβカロチンと呼ばれておりますが、これがビタミンAとして働くためには油が必要です。


このため、ニンジンや春菊などの緑黄色野菜は油で炒めたり、油をかけて食べることによってビタミンAを上手に吸収できます。また、ビタミンAはウナギやレバーなどにも含まれます。肌が疲れているなと感じたら、こうしたビタミンAたっぷりのスタミナ食を食べましょう。


背中ニキビの原因と治療

Category:美容 | BlogTownTheme:指定なし

Posted by privres 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲