チョコのひとりごと

主婦が日常をつぶやいています。

友達リスト

September 8th, 2017

* アラサー女性たちを悩ませる健康トラブルを片付けるエッセンス

女の人の生育期の間は雌性ホルモンの働きが活発ですので、生き生きとした壮健な日常生活も期待できるでしょう。

しかしながら、年を経るにつれ雌性ホルモン物質の生成量が減少して体の各部に変化が生まれ、それ故に閉経期障害等が出る様になります。

更年期障害と似た様な症状は、20代~30代の女の人の体にも多く見られるものです。

この要因としては不規則な生活環境と疲労あるいは精神疲労、他にはやりすぎなダイエット法等が考えられ、その結果ホルモンの調節の崩れや、あるいは卵巣機能の低下を招く等もあり得ます。

若い女の人でも火照りもしくはイライラする気持ち、眩暈あるいは肩の凝りや頭部の疼痛等の不調が気になる場合には、弱年性の更年期症候群が考えられます。

他にも月経不順などカラダの変調も見られる場合は、出来るだけ速やかにクリニックを訪ねてみてください。

Category:None | BlogTownTheme:指定なし

Posted by chocochoco at 22:36 公開:すべてに | Comment(0)

COMMENT

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントは反映されません。

下の画像に表示されている番号をご入力下さい。
 

Page Top ▲