必要な資金を調達

資金の調達を図る

友達リスト

June 18th, 2017

* ファクタリングの仕組み

ファクタリングは、企業などが経営や事業などの運営を行っていくために必要な資金を調達するための方法の一つになります。

企業が事業の運営による収益金以外での資金を調達するためには、一般的には銀行などからの融資を受けたり、ビジネスローンを利用したり、また債券や株券などを発行してこれを証券会社に販売してもらうことなどによって調達を行います。

こうした方法で資金を調達ししようと考えた場合には、銀行などの融資ではその審査の内容が厳しいことなどがハードルとなることがあります。
ビジネスローンなどを利用した場合には、融資を受ける事によって金利が発生することになるため、返済が終わるまでの間はこの金利を払い続けなくてはならない事になります。

また、債券などの有価証券を発行することによって資金の調達を図る場合には、長い時間がかかることや、企業の規模、また今後の事業の展開などにも大きく関わってくることになるために、そうそう簡単に行うことができるものではありません。

こうした場合などに、例えば経営を行う上での繋ぎの資金調達として比較的に小回りよく効果的に行えるほうほうが ファクタリングになります。

このファクタリングは、形式上は融資という事になりますが、実際のところは売掛金を先に資金化するという仕組みになっているのです。

企業と企業の間で行われる商品やサービスの売買では、その商品などの提供に対しての支払いは、売り掛けで支払われることがほとんどになり、その場ですぐに支払いが行われることはありません。

こうした事から、商品やサービスを提供した側の企業は、取引の相手先に請求書を発行して、その支払い金の入金を待つことになり、これが売り掛けと呼ばれ、この売掛による支払金を受け取ることができる権利が売掛債権になります。

ファクタリングでは、この売掛債権を取り扱うファクタリング会社に、売掛債権を引き渡すことにより、売り掛けの支払期日を待たずに資金を得る事ができるようになるのです。

このような仕組みによって、ファクタリングでは売掛債権を流動化していく事ができるのですが、これにはいくらかのデメリットも存在しています。

売掛金の全額分が資金として支払われるのではなく、ファクタリング会社に支払いをする手数料分が差し引かれているために、少ない資金になってしまう事や、ファクタリングの形式によっては、取引先の企業に対して、ファクタリングを行うことを告知して了解を取り付けなくてはならないのです。また、投資取引についてはハイローオーストラリア.asiaをご覧ください!

Category:None | BlogTownTheme:指定なし

Posted by buyteketong at 20:31 公開:すべてに | Comment(0)

COMMENT

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントは反映されません。

下の画像に表示されている番号をご入力下さい。
 

Page Top ▲