アップルレモン

アップルの甘さとレモンの酸っぱさのような
甘酸っぱいブログを書いていきます。

Category : 美容・健康

March 12th, 2017 | 16:43

* どうやって痩せる?自分に合ったダイエット法を探して

数年前、人生最大に太ってしまい、一心発起してダイエットに取り組みました。
そして、はじめてダイエットに成功したのです。
これまでは何度も挫折と失敗、リバウンドを繰り返してきダイエットですが、なぜ今回は成功することができたのか?
それは、自分に合ったダイエット法を見つけることができたからだと思っています。

私が成功したダイエット法は「計るだけダイエット」でした。
しかし、ダイエットに励んでいる当時は、そのダイエット法の存在をまったく知りませんでした。
「計るだけダイエット」はその名の通り、体重を計るだけのダイエット法です。
と言っても、それだけで痩せるわけではありません。
そんな夢のようなダイエット法があれば、女性はみんな苦しまなくてすみますからね。

毎日欠かさず体重計に乗って、体重を常に管理するこの方法は、短期間での効果はちょっと難しいです。
はじめに、なぜこれまでのダイエットは成功しなかったのかを考えました。
痩せなかった理由、それは早く結果を求めすぎたからです。
とにかく早く成果が欲しくて、無理なダイエットで体調を崩したこともありました。
もともと食べることが大好きで、間食がストレス解消みたいなところがありましたから、1週間、間食のお菓子をやめただけでも、もうイライラMAXです。
そんな状態ですから、たとえ2~3キロ痩せたとしても、すぐにリバウンドしてしまいます。
そんな事も考慮しながら、自分にできる範囲で長期戦で臨もうと思ったのです。
まず、1年間で10キロ痩せることをしました。
1年間で10キロですから、1ヶ月に1キロ痩せればOKです。
そう考えると、なんだか気が楽になり、あまりストレスを感じませんでした。

私が太った大きな原因は、数年以上体重計に乗っていなかった、からです。
転職後の職場では、社員の健康診断も無かったので、本当に数年以上1度も体重を計っていなかったのです。
自分のお腹の肉のつき具合や、服のきつさである程度の体重の増減はわかるだろう、とたかをくくっていたのです。
しかしそれが大きな間違いでした。
「あんたは今○○キロだ!」と突きつけられないと、人間というものは己を欺瞞する生き物です。
お腹が段になろうが、服がきつかろうが、太った現実を見ようとはしないのです。
やがて、合う人合う人から同じ言葉が発せられるようになりました。
「あれっ、太った?」と何十回言われたか、他人の言葉ほど胸に突き刺さるものはありません。
そしてとうとう、本当の自分と向き合わなければならない日がやってくるのです。
恐る恐る体重計に乗ってみると、初の大台超え、今までの人生で最大に太っていました。
さすがにこれは今何とかしないと、本当に取り返しがつかないことになるのは必至です。
そうして、とにかく体重だけはちゃんと計ろうと誓ったのでした。

「計るだけダイエット」をざっくりご説明すると次のようになります。
・毎日決まった時間、同じ服装で1日2回体重を計る
・体重は折れ線グラフに記入し、それを目のつくところに貼る
・体重の増減があった場合、思い当たる理由をグラフの下に記入しておく
体重の増減の理由を考えて書き込むことで、自然に生活習慣をコントロールできるようになるそうです。
折れ線グラフは体重の推移がわかりやすいので、ダイエットのモチベーションにも繋がるようです。
私はこのダイエット法を知らなかったので、ここまではしていないのですが、それでも朝晩1日2回は体重計に乗ることを習慣にしました。
それをカレンダーに記入して管理していたのです。
体重増減の理由は書きませんでしたが、頭の中では、昨日外食でたくさん食べたから、食事の時間が遅かったから、とまとめてはいました。
減った時も、たくさん歩いたから、運動したから、サウナに入ったから、と同じように原因を考えました。
すると不思議なことに、たくさん食べた翌日は少し減らそう、とか、体重が減ったら、じゃあもっと歩くようにしよう、という思考になってくるのです。

10キロ減量を目標にしたダイエットですが、まずは5キロ減を一区切りに考えていました。
5キロ痩せるまでは、夕飯のご飯をお粥にして、間食はしませんでした。
ところが1ヶ月ですぐに2キロ減り、その後も順調に1ヶ月毎に1キロ減量することができました。
そして第一目標の5キロ減に達した時に、お菓子を食べることを自分に許したのです。
と言っても、お菓子を食べていいのは休日のみに制限しました。
そして、お菓子を食べた日の18時以降は、何も食べないようにしたのです。
休日ですから、晩ごはんも早く済ませることはできますよね。
お菓子を食べるかわりに、晩ごはんを早く済ませることで、自分の中で帳尻を合わせたつもり、にしたのです。

そうして始めた緩めのダイエットでしたが、目標の一年を前に10キロの減量に成功したのです。
目標を達成してからは、かなり自由に食べるようになりましたが、リバウンドすることはありませんでした。
基本的に食生活や生活習慣を見直すことができたのが、リバウンド防止になったのだと思っています。
その後もちょっとずつ減量でき、今ではピーク時から比べると15キロほど痩せることができました。
「計るだけダイエット」は毎日体重計に乗るだけで、生活習慣への意識と思考力を変えることがので、リバウンド率も低いと言われています。
ただ、長期的に取り組まなければ成果には結びつきにくいので、性格に左右される部分は大きいと思います。
いかに自分の体と性格にあったダイエット方法を選ぶかが、ダイエット成功へのカギだと実感しています。

Category:美容・健康 | BlogTownTheme:指定なし

Posted by applelemon 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

February 16th, 2017 | 00:31

* 総合病院の阿鼻叫喚

先日、持病の喘息を診てもらうために、地域の総合病院へ行ってきました。
この病院、面倒なく欲しい薬を出してくれるので、とてもありがたいのですが、困ってしまうのは、その待ち時間の長さと、同じフロアにある歯科・小児歯科から聞こえる子供の絶叫

待ち時間に関しては、私はもともと一人で本を読んだりするのが好きな質なので、ただ待たされるだけなら何時間でも待てるのですが、それは、周囲が静かな場合に限られていること。
また、多少うるさいとは言っても、子供が楽しそうに笑う声や、大きな声でお喋りする程度なら、ほほえましく見ることもできます。

それが、常に絶叫、阿鼻叫喚ということになると話は別です。
小児歯科ゆえ、壁がかわいらしくデコレートしてあったり、マットを敷いたキッズスペースを用意してはいますが、そんなものに胡麻化される子供はそう多くなく、怯えて座り込んだり、逃げ出そうとする子供がほとんどです。

やはり歯を削る音が診察室から聞こえている状態ですし、処置の最中に絶叫する子供の声も聞こえますから、怖がるなという方が無理というものです。

しかしながら、総合病院内の歯科のため、腕はとても良いようで、いつもたくさんの子供が親に連れられて来ています。
それだけの子供の泣き声の大合唱を聞き、居た堪れない気持ちで一杯になりながら、私の今回の通院は完了しました。
本当に疲れました。

Category:美容・健康 | BlogTownTheme:指定なし

Posted by applelemon 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

February 1st, 2017 | 02:12

* 一般歯科で予防歯科の指導をしてもらう

30代になってから、歯のトラブルが頻繁に起こるようになりました。例えば冷たい飲み物やアイスクリームが歯にしみたり、歯茎が腫れて出血したりするようになりました。

それまでは歯科へは1年に1度くらいしか行ったことがなく、歯茎の検査をして歯石や着色汚れを除去してもらうだけでした。
30代になっていきなりどうしたのかと不安になりながらかかりつけの姫路の歯科へ行きました。すると医師から30代になると歯周病や歯茎のトラブルが起こりやすいため3ヶ月に1度は定期検診に来院することが大切だと言われました。

一般歯科では虫歯や歯茎の治療だけではなく、将来の歯のために予防歯科にも力を入れているようで、恥ずかしいようですが歯磨きの仕方を歯科衛生士さんに指導されました。歯ブラシの持ち方や力加減、そして磨き方まで徹底的に教えてもらいました。

この歯ブラシ指導を行ってもらってから3ヶ月きちんとブラッシングしていくことで、歯茎からの出血も少しずつ治ってきました。歯茎が引き締まったような感じがして、3ヶ月後の定期検診では以前に比べて歯茎の炎症も治まっており、医師や歯科衛生士さんから褒めてもらえました。
一般歯科ではこのように日々の歯のケアの指導を行ってもらえるのできちんと歯科へ通うことが必要だと思いました。

Category:美容・健康 | BlogTownTheme:指定なし

Posted by applelemon 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

November 30th, 2016 | 05:22

* 院長1人で診察しているそうです。

先週の3日、4日、いつもお世話になっている堺市の耳鼻科の院長が学会の会議で出張の為、耳鼻科は休院をしていました。前もって分かっている時は、2か月前に壁紙に書いて私達、患者に前もってお知らせするのです。この院長、いろいろな役についていて、昭和大学の講師も兼ねています。
この院長、政治にもいろいろとアドバイスする立場の方なのです。

先週の木、金、土、日と耳鼻科が4連休でした。なので、昨日、耳鼻科に行ってきました。相変わらず患者が多く「どうしてこんなに患者が多いのですか?」と聞くと、「今の時代、空気がきれいすぎて汚い空気が余計に反応するのです。昔だったら「喘息」はあまり聞かなかったです。だけど、ここ10年でかなり伸びています。アトピーもそうです。気管支喘息は小学生の子供を持つ母親にとっては一大事です。福島の原発事故以降どうも甲状腺及びのどの調子が良くないのです。その事を院長に話すと、「大事、大事、あれは子供の世界の病気で、大人がいちいち心配してギャーギャーいう話ではない」と言われてしまいました。学生の頃から汗っかきで有名でしたが、これほど長く続いた事は記憶にないです。
受付した時に、「最低でも1時間は待ちますよ!」と言われたので、少しばかり「寄り道」をしました。寄り道をした所は「秘密」ですが、寄り道が終わり耳鼻科に戻って診察を受けました。するとこの間、整形外科で偶然会い、足をねん挫した50代?の看護婦がいました、足に付けていたギブスが取れていたので「足、治って良かったですね!」すると、「お陰様で足もだいぶ良くなりました。心配していただいて有難う御座いました」さらに私は、「となりが整形外科である意味良かったね!」というと看護婦は、頷いていました。

今、耳鼻科の重要性が改めて注目を集めています。耳鼻科になる医師が少ない為、昔から開院している病院の子供達が継ぐ状況なおです。大病院はそれなりの設備を持っていますが、開業医にそれを求めても意味がないと思います。
夜6時に終わっても患者さん全員診察が終わるまで夜7時30分までかかるそうです。

Category:美容・健康 | BlogTownTheme:指定なし

Posted by applelemon 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

November 24th, 2016 | 04:15

* とても良いコンタクトレンズに出会いました

私はコンタクトレンズを毎日つけています。カラーコンタクトレンズを今までに5種類以上試してきました。ネットの口コミを見ては色々試してきましたが、どこのコンタクトレンズも乾燥して一日中つけていられませんでした。仕事の時に、快適につけていられるものが欲しくて、ネオサイトワンデーリングUVのブラッグを購入してみました。ネットで注文しましたが、商品がすぐに届き助かりました。翌日から仕事につけて行ったのですが、自然なつけ心で本当に驚くほど乾燥しないのでビックリしました。仕事でパソコンを使っているのでドライアイに悩んできましたが、目薬をささなくても全然平気です。まるでつけているのを忘れてしまうくらいなので、仕事に集中できるようになりました。最近は、上司から効率が上がったと褒められて嬉しいです。

会社の後輩に勧められて、ワンデーリングカラーズのヘーゼルをつけたことがありますが、派手で気に入りませんでした。今回購入したコンタクトレンズは他社のものと比べても、自分の中では、一番ナチュラルだと思いました。デカ目になりすぎることが嫌なのですが、見た目があまり変わらないで仕事につけて行けます。またフニャフニャした柔らかさがないのでつけやすいです。朝起きることが苦手なので時間がない私にとってとても助かります。表裏の区別がハッキリしているので間違えることが無くなりました。

仕事が終わってからジョギングをすることを日課にしています。たまにずれてしまうことがありますが、落ちてしまったことはありません。休日は、妹とテニスをすることが楽しみです。妹は、小学校の頃からテニスをしているので、とても強いです。テニスの時は、動きが激しいのでスポーツ用のコンタクトレンズをつけています。プライベートの時はオシャレをしたいので新色ライトブラウンを購入したいと思っています。ネオサイトワンデーリングUVのブラッグは、ナチュラルな見た目とつけ心地が良いので皆さんにもお勧めしたいです。

Category:美容・健康 | BlogTownTheme:指定なし

Posted by applelemon 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲