アップルレモン

アップルの甘さとレモンの酸っぱさのような
甘酸っぱいブログを書いていきます。

Category : 仕事

October 9th, 2016 | 16:17

* 【いろんな種類】物流で使われるパレットの材質

段ボールが何段にも積み上げられた倉庫。
誰もが見た事のある光景です。
その下に必ずと言っていいほどあるのが,パレットと言う存在です。

・パレットとは?
約1メートル四方の台で,上に荷物を積み重ね,フォークリフトで持ち上げる事ができるようになっています。
フォークリフトの爪自体はそれほど広い面積を持つものではありませんから,重量物が載っても曲がったりしない頑丈さが求められます。
また物流で使用されるものなので,軽い方が輸送費用も安くなりますね。
ではこのパレット,どんな材質のものが使われているのでしょうか?
代表的なものをご紹介します。

・木製パレット
「大きなスノコ」という印象があります。
木材で作られたパレットです。
軽くて,強度があり,リサイクルしやすく,低コストというメリットがあります。
昔から現在まで,広く使用されているパレットです。
しかしながら,問題点もあります。
木材の特性上,湿気を吸って曲がったり,朽ちてしまったりすることがあります。
また木材には,虫がついたり,虫の卵がついたりもします。
パレットと一緒にそのような虫や卵が国境を越えてやってきてしまい,環境破壊の原因ともなっています。
それでも対策も講じられていますので,やはり今でもよく見かけるパレットですね。

・プラスチックパレット
合成樹脂で成型されたパレットです。
カラフルで多くの穴が空いているものです。
木製パレットは設計上,フォークリフトの爪を入れる面が2面しか作れませんが,プラスチックパレットの場合,4面すべてから爪を入れる事ができるようになります。
狭い倉庫でたくさんのパレットを動かす際に,どこからでもフォークリフトの爪を入れる事ができるというのは大きなメリットとなります。
また湿気による変形もなく,強度も十分あります。
長期間にわたって使用できますので,一つの会社の中で長く使い回す,という使用形態が多く見られます。

以上,代表的に使われている2種類のパレットをご紹介しました。
決して主役になることはありませんが,私たちの毎日の生活で欠かすことができない大事な存在です。
みなさんの会社,お店ではどんなパレットを使っていますか?
ちょっと気にしてみてください。

Category:仕事 | BlogTownTheme:指定なし

Posted by applelemon 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

September 7th, 2016 | 06:18

* 離れてしまった介護の仕事に戻る事が出来ました

私は今年の2月に上司からパワハラやセクハラを受けてしまい、好きだった介護の仕事を辞めてしまいました。パワハラやセクハラがきっかけで『介護を離れたいと思い、半年間接客業のアルバイトをしていました。が、仕事をしている内に、どんどんシフトは減らされ、店内の清掃業務ばかりする様になり『接客業は自分に向いていないのかな』と思う様になりました。

祖母が施設に入所しており、時々昼食の介助をしに足を運ぶことがありますが、食事の介助をしていると、『介護の仕事に戻りたい』と思う様になり、先日ある施設の夜勤専従のスタッフとして面接をし、採用されました。研修と言う事で一度仕事に入りましたが、やっているととても楽しく、介護に戻って良かったかもしれないと思いました。
何年も前に病院の介護病棟のスタッフとして一年間ほど働いていた事があり、その話をして研修に臨みました。先輩スタッフの方に教えられながら更衣の介助やオムツ交換等の業務をしましたが、先輩スタッフの方に『早いし手際もいいから貴女は大丈夫だよ』と太鼓判を押していただきました。
病院に勤務していた頃には何度も夜勤をしたり、一人で多い時は10人以上のオムツ交換をしていた事もありました。採用された施設は高齢者専用の賃貸住宅で、オムツ交換をする利用者様は4人程度の方のみで、夜勤でやる事と言えばその4人の方のオムツ交換と更衣の介助、あとは夜間の巡回のみで病院で勤務していた時の夜勤を考えると私には丁度いいのかもしれないと思いました。

夜勤は一人で行うのですが、いよいよ一人で行う日が近づいてきており、少し緊張もしています。『分からない事があったら電話してくれたらすぐに対応できるから』と主任の方に言ってもらいました。仕事の内容はメモをしましたが、初出勤の日に早めに仕事場に行き、先輩スタッフの方にもう一度確認して行おうと思っています。
施設での仕事は約10年ぶりなので、とても緊張をしていますが、利用者の方もとてもよい方ばかりで、研修の日に『新しい夜勤の人だからね』と先輩スタッフの方に紹介された時に利用者の方はとても親切で、温かく迎えていただきました。利用者一人一人、違う支援をして行くので覚える事が難しく、また、入所施設とは違い、あくまでも『住宅』であるからこそ、プライベートに注意しながら対応していかないといけない、と思いました。

今まで介護をしてきて、私にとって一番嬉しかった事は、利用者の方に『ありがとう』『貴女に介護してもらうのが一番いいよ』と言う言葉をかけてもらえた事です。何年も介護をして来て、色々な施設や訪問介護の仕事をしてきた中で、そう言って貰えるととても嬉しかったし、介護を続けたいと思う事が出来ました。
今度の職場でもそうやって言っていただけるように、誠意を込めて丁寧な対応と利用者様にとって一番よい支援をして行けるように頑張ろうと思います。
夜勤専従という仕事は大変かもしれないけれど、今までやってきた仕事を活かし、よりよい介護を提供して行きたいと思います。また、仕事で身体を壊さない様に注意もしながら、無理の無い様に仕事をして行きたいと思っています。

久しぶりの夜勤での仕事。利用者様と直接関わる時間は少ないかもしれないけれど、利用者様に『貴女に介護してもらうのがいい』と言ってもらえる様に支援をして行きたいと思います。

確かに上司から受けたセクハラやパワハラはとても辛かったです。でもそれだけの事で介護を辞めてしまいたくない。祖母の介護をしていると『やっぱり介護がしたい』と思えるので、介護の仕事に戻ってよかったと思います。これからの仕事でもっとそう思えるように利用者様に誠心誠意を持って介護をして行きたいと思います。

Category:仕事 | BlogTownTheme:指定なし

Posted by applelemon 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

August 7th, 2016 | 21:21

* 高い認知度を誇る行政書士

行政書士に関しては、高い水準の認知度を誇るようになり始めているのではないかと考えられています。このような仕事をするために必要とされる資格の取得を模索している人が飛躍的に増加していることや、書士の仕事の講座を受ける人が増えていることなどが最も大きく関連しているとみられており、注目される仕事や資格のひとつとして取り上げられる機会が多く見受けられています。幅広い年代層の人がこの仕事を目指すようにもなり始めているのではないかと考えられており、熱心に試験勉強に励む人も着実に増加してきているのではないかと思います。行政書士として活躍する人が全国点在していることも、認知度が高くなることに直結していると言えるでしょう。

様々なところで書士の仕事をする人を頼りにする機会があると考えられており、認知度が高い状態で維持されているのではないかと考えられています。実際にこの仕事をする人も断続的に増え続けていると推測されていることから、認知度の向上が更に加速していくものとみられています。今後も行政書士に関しては、多くの人々からどのような仕事なのかを詳しく知られるようになっていくのではないでしょうか。そのため、実際に仕事を依頼する人が多く見受けられるようになったり、仕事の内容や貢献の度合いに関して評価されるようになったりしていくのではないかと思います。
様々な方面で書士に対する仕事のオファーが多くなり、これまで以上に認知度も高くなると予測されています。

Category:仕事 | BlogTownTheme:指定なし

Posted by applelemon 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

May 14th, 2016 | 18:58

* めっき装置は費用だけでなく効果も含めて比較検討する

めっき装置を導入するとなると、当然ながら製品購入が必要になってきます。そして多くの法人の方々は、その製品選びで困惑しているのです。
そもそも装置を購入する以上は、やはり費用などは発生する事になります。そして法人の方々にとっては、やはり費用は非常に重要なポイントですね。できるだけ費用は少なく抑えたいと思うのが、多くの企業担当者の本音です。

ですので、装置を選ぶ時には費用は重要なポイントになるでしょう。できるだけリーズナブルな装置を購入したいと思う担当者の方々も、確かに少なくありません。しかしそれだけが基準ではありません。確かに購入する上での料金などの重要なポイントですが、それに加えて出来栄えなどに関するポイントなども、見過ごす事はできないからです。

例えばめっき装置Aの場合は、費用が200万円だとします。それに対して装置Bの場合は、250万だとしましょう。この費用だけに着目をすれば、当然Aの方がベターと考えられるでしょう。

ところが出来栄えに着目をしてみると、必ずしもAの方がベターとは断言できない事もあるのです。というのもBのような製品に限って、かなり良い加工物が完成する事もあるからです。確かに費用は高めなのですが、加工物の出来栄えは非常に優れていて、簡単には劣化しないタイプだとします。その場合は、むしろAよりはBの方がコストパフォーマンスが良いとの意見も浮上するのですね。
結局めっき装置は、費用だけで判断するのではなく、効果も含めて選ぶのが望ましいと言えます。費用対効果が大切なのですね。
http://www.eeja.com/product.html

Category:仕事 | BlogTownTheme:指定なし

Posted by applelemon 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲